<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

610・朝焼け・昼・夕焼け




暑い日が続いています。

昨日は仲間15名とコースを廻りました。

a0064422_12165370.jpg




8時30分スタート
11時00分お昼・・好きな〇ールもいただいて
11時55分INへ。

2時30分あがりました・・・・・
a0064422_122151.jpg


さすがに大変だと感じました。
ボトル2リットル・・・・・



6時30分から反省会
a0064422_12244361.jpg



反省会でのビールは格段美味しかった




熱中症にかかっても当人はどうなっているのかわからないのではないか
思うことでした。



定点観測の「八代海の島々」の朝焼け・昼の景色・夕焼け・・。
朝陽があがるととたんにカーツと照り付けます。
昼間の漁港は足も焦げそうなまでにないます。
日が沈んで夕焼け、ヤット暑さから開放されそうですが、
でも地表の熱気が放出されて
夜遅くまで熱気が残ります。

タタキに水打ちしたりして
涼を求めます。


by kanmyougama | 2012-07-30 12:17 | 思いつくままに・

609・ 暦は大暑

暦では大暑。

いつもの定点観測「八代海の島々」です。

ちょうど正午の撮影です。
気象情報では12:00は雨、その後は終日曇り。
室温30度湿度89%



まだ梅雨明け宣言も出ていません。


____23日11時に「九州南部梅雨は明けあけたもよう」と発表、
昨年に2週間おくれだとか・・・・
。・・・・
。。






「念力のゆるめば死ぬる大暑かな          鬼城」 

                   
                       この句に共感を覚えます



a0064422_11404963.jpg



                                7月23日頃大暑。今年は今日22日。
                                暑さが最も厳しくなると節目。
                                さじりじり照りつけるお日様の真夏の到来です。
                                暑い中での除草・害虫駆除は辛い季節に入ります。             
                                最近は35℃を越えるのが当たり前に成りました。
                                体力の消耗が激しく、熱中症が当たり前のようになっ
                                てしまっています。






練り上げ手の作品
「網代結い文」の配色の一例
a0064422_1325426.jpg






















撹胎〈練り上げの一種〉の小皿上の配色と同じものa0064422_13285269.jpg

















網代の一種・・・「鶉文」で作った器
a0064422_14232050.jpg

「鶉文」の技法そのものは中国宋時代にもすでに見られたもの

[鶉文]を作り型にはめて成形したもので乾燥中、これから素焼き・磨きクスリつけそして本焼です。
by kanmyougama | 2012-07-22 14:47 | 思いつくままに・

NO・608 小さな命

a0064422_1614182.jpg

工房のまわりりの庭の木々は僕のブログのモチーフになってくれている。

アカメガシワも、この梅雨日和にアサギマダラを愉しませたナンキンハゼも、
僕が工房に仕事場を置いて以来のお付き合いだ。
もう十九年目になった。


僕が植えたのではないので、野鳥が残したものか風が運んだものが
運良く発芽したに違いない

a0064422_1651664.jpg

ブログ仲間のtamayam 2さんがブナの「赤ちゃん」を載せていた。
悠久の時を今に繋いでいるいるブナの林も
小さな命を重ねて今に至っている。
そう思うと感慨深いものがある。


我が家の花壇の鉢には僕らが植えた物以外に次々と新しい
植物が姿を現している。

a0064422_1671533.jpg



今日はカエデ・クロガネモチ・と珍しいものを二つ。
a0064422_16112897.jpg

双葉らしいのが出てやっと本葉を見せている。

ツワブキ。

ツワブキはこの町のフラワーロードを
一周植栽されている。


それとサルスベリ、
小さいけれど薄紫の花をつけた。

a0064422_16135592.jpg




一枚目の画像・・・・早朝の京セラゴルフクラブの部屋からの眺め。
霧雨に煙っています。連続は疲れました。

窯の温度が60度に下がりました。
普通ですと窯出ししますが練り上げ〈絞胎〉作品がありますので用心して
常温になるまで待ちます。
by kanmyougama | 2012-07-14 14:51 | 自然

NO・608  今日から晴れ

a0064422_1335398.jpg




今日から一週間は晴れ、曇りの日もあっても梅雨明け間近か。

いつもの定点観測「八代海島々」




実は昨日まで3日間連続のゴルフコンペに参加したa0064422_13272495.jpg




僕らみたいな「初心者でまわる一日」と、、
70歳後半のもので月一回の「29回コンペ」、
もう一日「長青会チャリテイコンペ」。
それぞれが梅雨の雨におされて
吹き溜まりのように3日間にまとまった。



終わってみて
3日連続これは無茶であったと反省している。


この年だと無理が効かないことを
自分にしっかりいい聞かせて
やめる勇気もいる。
a0064422_134536.jpg
行事が終わってみてやんわり向けてくる
妻の言葉も効いてくる。




今日は
ユックリクラブの手入れと

素焼きの磨きと
釉つけに励んでいる。












a0064422_13464821.jpg






















アサギマダラとアオスジアゲハ
いずれもナンキンハゼにやってきた。

キオビエダシャクも見かけたが上手く写せていない







a0064422_15452225.jpg
by kanmyougama | 2012-07-08 13:18 | 思いつくままに・

NO.607   半夏生



暦では24節句の一つ_____半夏生
7月2日頃(2012年は7月1日)。
太陽黄径100度。
夏至から数えて11日目頃。

a0064422_9325870.jpg
イシガケチョウ(石崖蝶)
別名:イシガキチョウ(石垣蝶)
学名:Cyrestis thyodamas  鱗翅目タテハチョウ科 
-------------------------------
梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)などが生える多湿で不順な頃、
農家の人達はこの日までに田植えをはじめしかるべき農作業を済ませるという習慣、
ここを怠るとその年の作物の収穫は激減する・・・といわれている。



半夏生までに田植えを済ませた農家では、この日の天候で稲作のできを占習慣もある。

a0064422_9202345.jpg
カラスビシャク(烏柄杓、学名:Pinellia ternata)とは、サトイモ科の植物の一種。

ちなみに半夏(カラスビシャク)は毒草であり生薬でもある。見るからに馴染みにくい植物。


地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、この時期に農作業をしないようにという戒めになっているところもある


地域によっては、タコを食べる習慣があります。




a0064422_94487.jpg
昨日は雨でした。落花生の畑が雑草で覆い尽くされていて、ぬれながら除草しました。
これでひとまず落花生の収穫は保障されるかもしれない。

a0064422_9543122.jpg

無農薬・無化学肥料の僕の野良仕事でも半夏の意味をつくづく実感している
黒豆はどうにか雑草をしのいできているが
これも除草した方がいいだろう。



結実して40日ぐらい
カボチャも収穫できました


a0064422_10101182.jpg




常温になったら素焼きの窯出しをします。
練りこみの作品が入っています。


磨き・釉付けの仕事に入ります。
by kanmyougama | 2012-07-01 08:55 | 思いつくままに・