<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

NO・606  絞胎と撹胎

ボツボツ晴れの日がほしい。
予報がはずれることを願って
いますがよく降ります。
a0064422_1546149.jpg

大雨警報・洪水警報・土砂崩れ警報・雷警報
次々と重ねて警報が出ています。













練りり上げ・練り込み・・・・・・日本での表現、
撹胎・・絞胎・・・・は中国の表現、古くは日本でも絞胎といっていたらしい。


私は撹胎と絞胎の二つを使い分けている。


この二つひっくるめて「練り上げ」と読むことにしている。


a0064422_1515616.jpg



撹胎は宋の時代に起きたとされる技法を使う。
いろんな粘土を丸めてボウにしてそれを寄せ集めて
作り出す模様を生かす・・・A 。・・・・     →・A

無造作に見えますが一定の作為がありますのでそこに新たな
創作を求めます












絞胎は色の違う粘土のタタラを重ねて木口の縞模様を生かして
a0064422_16302212.jpg
柳葉文・鶉文・網代文を組んで作り出す意図的な模様を生かす 。  ・・・・B。→B
おのずとできた模様が特徴を持っている 。
中国磁州窯に残っている。

























a0064422_15203160.jpg


A__の技法を生かして・・・Cの作品に。→C
この抽象的な模様が面白い























a0064422_15305116.jpg


B・・・・・の技法を使って・・・Dの作品に。→D



私は中国で生まれた絞胎と撹胎の技法を使って私なりの作品を作っているが、
「網代結文」を追求しています。
多くの作家はそれなりの解釈で新しい方法を生み出している。













冒頭の画像はナンキンハゼの花。
いまから7月上旬にかけて花をつける。花にはいろんな昆虫が寄り、小鳥が白く目だつ実を楽しみ、秋には赤く紅葉して公園を彩る。この木も野鳥が落とした種子が育ったものです。
玄関や台所に日陰を作ってくれます。
花が雌雄独特な交配をするようですが詳しいことはわかりません。

by kanmyougama | 2012-06-27 12:09 | 思いつくままに・

NO・605  台風5号熱帯性低気圧に

台風5号の進路予想を見ていたら、
____南九州・鹿児島薩摩半島を直撃する最悪のコース_____。
a0064422_1472470.jpg


慌てて40キロ離れた自宅に帰り戸締りして台風に備えることにしました。

昨日のこと。







a0064422_1412277.jpg
工房に入って19年が経過しますが振り返って見るとその間数回強い台風の被害を受けました。
工房の屋根が飛ばされて長い期間青いシートをかぶせたままの生活を余儀なくされた。
気がついたら白い粉雪が舞う季節になっていて、
後になって思えばそういう不自然な生活でも
工房にいた精神状態を不思議に
思っている。


「八代海の島々」の一番近い島伊唐島を結ぶ大橋は
風速60メートルでも大丈夫という鳴り物入りの橋、
工房が大被害を受けたとき大橋の吊りワイヤーが数本切れて
長期にわたり不通になった。
60メートルを超えた台風ということになる。

ここ6年近く南九州に上陸した台風はない。
ボツボツ痛みを忘れそうな時期。




5号台風の予想進路は不気味に見える。
まさに中心を直撃。

a0064422_14143960.jpg工房の戸締り台風対策を進めているとき、
___5号は熱帯性低気圧の成り進路を北上400ミリの降水量を
発表。______



ひと安堵したものの
____台風が衰えて湿舌は大変な雨を運んで
被害を運ぶ。______


風の怖さはひとまづなくなっても400ミリ雨量を超える豪雨は思わぬ土砂崩壊を引き起こす。
家屋、田畑・人蓄の被害も計り知れない。





台風の怖さをつくづく思うことです。







a0064422_14461531.jpg











画像について・・・・


ヤマモモの実が赤く熟していました。
今年は実が小さいかな。
焼酎・ザラメ砂糖・実で果実酒にしました。

下の3枚、
前回前々回に掲載した練り込みの技法のひとつ、「撹胎」で作った
皿・湯のみ・小皿・・・。


ランダムに見える文様ですが
撹胎によるもので面白い。
by kanmyougama | 2012-06-21 14:15 | 思いつくままに・

NO・604  台風4号・・続いて5号

a0064422_8583696.jpg

定点観測「八代海の島々」
黒い雨雲が低く立ち込めています。
今にも塊で落ちてきそうです。

「8時50分
台風4号は
奄美から九州南部東岸に向けて北上、」ニュースが聞こえます。
今朝になって叩きつけるような雨
ここまでやってくるのにはヤッパリ時間がかかります。

この雨足・・・・・・・
a0064422_8194086.jpg






台風・梅雨の雨・・・・暗く重たい感じです。

「陰性梅雨」「陽性梅雨」というのがあるようだけど
今年はどっちなんだろう。


台風の風はいまのところ吹いていません。

a0064422_9161684.jpg
そんななかでも

紫陽花も梅雨の花・・・・

幾分明るい気分にしてくれます。

額紫陽花の疎らなところがいい。

雨にも馴染みます。














続いて
5号台風がタイワンの南の海上を北上してきている。
九州日本海側を北上しそう。
今度は直撃のコース
怖いです。






こんなときに田畑の見回り、
軒の雨樋だの、戸締りの具合だの、
しないことです。









16時にはこんなにめまぐるしく天候が変るものです。
今朝の暗い「島々」は想像もできません。


明日は終日曇りの予想。
a0064422_1615086.jpg


・・・・・・・・・More・・・・・製作のつづき・・・・・・・
by kanmyougama | 2012-06-19 08:19 | 思いつくままに・

NO・603 梅雨らしく

梅雨には梅雨なりに
いろんなことをしなければ成りません。
a0064422_1621694.jpg
畑仕事で言えば
野菜の収穫
植え付け
雑草の除去




















a0064422_14101363.jpg



























雨の合間の仕事です
どれも時期を逸すると困ります。

孫がやってきて奥様の加勢です

ジャガイモの収穫、ズッキニ・ピーマンa0064422_14134613.jpg
キュウリ・ナス・・・・・・・
















梅の収穫を思い出しました。
もう黄色く熟していました
でも梅味噌には丁度いい。




a0064422_14261858.jpg













これは書いていいものか・・・、

海岸端の生まれの
奥様、子どものころ「お転婆」さんで、
仲間を引き連れて・・・
終日海で泳いだり、
裏山の木のぼり

孫にも貴重な経験と
木登りを
程よいところでとめればいいのに

ついに滑り落ちるところまで



擦り傷程度でした・・・・・。

More・・・・・こんな作り方も・・・・練り上げ・・・・・
by kanmyougama | 2012-06-13 14:15 | 思いつくままに・

NO・602  入梅して,製作の続き・・・2

入梅宣言があって4~5日。
しっとりと雨が降りました。

今日はゴルフを計画していましたが幹事から中止延期の連絡が届きました。
予報と違って今日は終日薄曇ではないかと思うとチョット残念です。

a0064422_821127.jpg


工房から望む「八代海の島々」輪郭を残して霧に霞んでいます。







工房周辺の木々を紹介


a0064422_10323499.jpg工房の周りに野鳥が運んできたもの。
モミジ・タイサンボク・アカメガシワなど。
競って成長していたが今年あたりアカメガシワが頭をもたげ、
ハクサンボクは枝枯れし始めた。
光が足りないのだろう。















ハクサンボクの実
a0064422_9114818.jpg







「白山木」〈タイサンボク)と書きます。
ガマズミによく似ていてよく間違います。



本州の山口県以南、九州、琉球の海岸に生えているそうです。
これは1メートルちょっとでしたが、2~6メートルになるそうです。



葉は向かい合って付いており、常緑で光沢があります。
そして、上半部に鈍い波形のギザギザ。

NO・594で白い大きな塊の花を掲載しましたが、
いまはこんな黄緑の実、秋には真っ赤な実に。

スイカズラ科の植物です。




アカメガシワの花a0064422_9173269.jpg
 工房のアカメアガシワは野鳥がはこんだもの。 アカメガシワが陽樹であることや春の新葉の赤い木。
 そのアカメガシワの花が咲きました。 アカメガシワは、光さえあれば、どんどん生長するような木です、工房のスロープ脇に生えて10年足らずですがもう見上げる大きさになりました。花の時期はかなりいい加減なようです。 
 アカメガシワは雌雄異株でこれは雌株。 雌花は反り返ったガクとメシベだけ。雄花は反り返ったガクと多数のオシベだけというシンプルさです。
でも近くにはみあたりません。

花はよく見るとチョコボウにナッツかチーズをまぶしたような
風変わりな花です。

More・・・練り上げの作品の続き・・・・
by kanmyougama | 2012-06-08 08:18 | 思いつくままに・

NO・601  製作の続き・・・2

練り上げに製作の続きを順次載せてみます。
今回は作ったパーツを並べて模様をつくり鉢の凹型にはめるところまで。
技法は「網代」、文様は「結い文、」器の形は「大鉢」にしようとはじめています。



a0064422_1231074.jpg①大型のロクロ〈径50)に厚いいガラス円板(径80Cm)を乗せて、この上に
パーツを並べて結い文の模様を作ります。
土のいろが似ていますが、6種類ぐらいのパーツの組みあわせです。

















a0064422_12383485.jpg②上から叩いて土を馴染ませていきますと文様が浮き出してきます。
叩いて密着を進めていますがまだ不十分で密着していない部分も見られます。

今回の結い文、・・・・・・
左の黒っぽく見える部分は青い色に焼きあがる色。
右上の白っぽく見える色、中央の白っぽい点は明るいピンク・黄色。
のこりは茶系の色のグラデーション。











a0064422_12495811.jpg③さらに完全な密着をするように上から叩き、
さらにひっくり返してして裏側も叩く。
外へ広がるので一回り外側も叩いて中央に締める。




















a0064422_12575252.jpg④凹型の大鉢に入れて鉢の形をつけます。凹型につかないように
蚊や布を敷いて乗せます。

これで鉢形の大鉢に成形される準備が終わります。徐々に乾燥させて生乾きの
とき削りや口縁・高台をつけます。






パーツを並べて叩いて密着させ平たい粘土の板を作り、
それを凹型の雌型に入れて鉢の形にしました。

More____今回こんなうっかり失敗も____
by kanmyougama | 2012-06-02 13:02 | 思いつくままに・