<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

NO・370  雪の大晦日


今年は雪の大晦日。

工房から見える「八代海の島々」は積雪しています。
a0064422_13425226.jpg
工房南の行人岳も
雪化粧。

a0064422_13433198.jpg




27日にやってきた孫たちも元気に年の瀬を迎えました。
今夜は賑やかに大晦日を過ごし明日の新しい年を迎えます。
いい年になりますようにと願っています。


私のブログを訪ねてくださった皆さんに心からお礼申し上げます。
多くのブログを訪ねて愉しませていただきました。
来年もよろしくお願いいたします。
皆さんいい年をお迎えください。


「一陶素心」真心を込めて作陶したいと思っています。
上名窯
by kanmyougama | 2009-12-31 13:46 | 思いつくままに・

NO・369  孫たちがやってきます



明日は孫たちがやってきます。
数年前までは全員勢ぞろいでしたが・・・
今年は上から二人は大学受験でやってきません。


a0064422_21471880.jpg


2007年夏休みの写真です。
工房前の広場で写しました。
思ったより画像が痛んで表情が認めにくいですが
夏休みの雰囲気は残っています。
一番前と一番後ろが受験生。
この写真を撮った次の年から3人が加わっています。
集まったら後ほど写してup
いたします。

カウボーイハットは・・・??


明日迎えに出かけます。
今夜は最低5℃、明日は12℃の予報。
by kanmyougama | 2009-12-26 21:57 | 思いつくままに・

NO・368  メリー・クリスマス


メリー・クリスマス。
a0064422_2252549.jpg




「サンタさんからお手紙が届いたの。
来年4月からは小学校、いい子でガンバッテネッテ・・ 」・・・・お土産と手紙が届いたのだそうです。
「煙突がないお家は換気扇からはいるのだって・・・。」

・・・・・・・・・・・・





一日ユックリ製作してのんびり夜を過ごしています。
by kanmyougama | 2009-12-25 22:12 | 思いつくままに・

NO・367  冬至



冬至。

今朝工房周りの農家のジャガイモの葉はドロンと溶けていました・・・昨夜の放射冷却のためでしょう。
40キロ離れたわが家の雑草菜園のジャガイモのことを思うことでした。


a0064422_22212052.jpg
冬至にはカボチャ料理で温まって無病息災を祈るのだとか。
  私の雑草菜園のカボチャはこれだけ残っていました。
a0064422_22215845.jpg



キリスト教の暦で言いますと、待降節(アドヴェント)第三週目に入りました。

来週は第四週目、今年は、20日(日)が降誕節、
つまりクリスマス聖日です。

西洋では、モミの木など常緑樹の葉で環状のリース
(独語で、クランツ)を作り、四隅に赤い、蝋燭を
立てます。アドヴェント第一週には、
1本目の蝋燭に火をともし、
第四週に4本目の火がともるまで、
キリストの誕生を待ちわびるわけです。

♪もういくつ寝るとお正月・・・
と、正月を待ち焦がれる気持ちと通じるものがあります。

tamayam2さんから拝借。

よく謂れはわからないのですが、昨年コトシ、我が家に届いた送り物。
a0064422_22221790.jpg


上の人形は孫がホームステイで求めてきたもの。大きい人形はコトシ我が家に届いたもの。

これに囲まれて冬至を迎えました。

明日からは米粒一つずつ朝が早くなって春を迎えるのだとか・・・・。
by kanmyougama | 2009-12-22 22:22 | 思いつくままに・

NO・366  山は雪



18日から北薩摩の山々は雪。


a0064422_1049345.jpg
雪雲で覆われて山頂は見えませんが、この奥が紫尾山(上宮山・1067m)。
紫尾峠はチエン規制。
a0064422_1050934.jpg
晴れ間に見えた矢筈岳。
麓近くまで積雪。



こんな天候なのに紫尾山の麓の温泉郷に出かけることになりました。
中国の皇帝が不老長寿の薬草を求めて高僧をつかわしたという上宮史跡の残る温泉郷。


古希をこえた三夫婦での一泊旅行愉しんできました。
by kanmyougama | 2009-12-20 10:50 | 思いつくままに・

NO.365 おさがり


「今日はこの服を着て歯医者にいきます。」

早朝孫のところからメールが届きました。















「オヤ・・。マァ・・・。」妻の声。

「どうしたの・・・?」



携帯の液晶を覗いてみると、
見覚えのある服を着た孫の画像でした。

長女が着て、次女が着て、三女(孫の母)が着た「おさがり」の服を着ていました。
三女の子どもで4代にわたった「お下がり」(お古)でした。





嬉しそうに着ていました。
by kanmyougama | 2009-12-17 10:21 | 思いつくままに・

NO・364 モミジ

a0064422_15433692.jpg

7日は初霜。
工房周辺のモミジが真っ赤に紅葉しました。


昨日まで雨がよく降って
気がついたらモミジはだいぶ散っていました。

a0064422_15465099.jpg
a0064422_15442910.jpg




造形美術展にあわせて製作。
秋のモチーフにモミジを入れました。
モミジの赤い色を3色ぐらい顔料で表現できないかと調合を工夫してみました。

a0064422_1544598.jpg


色はこれからも工夫して鮮やかな色に出してみたい。





これまでモミジの葉の形を筆で無造作に描いていますが、
・・・よく見ると違うことに気づきました。

葉の形や葉脈の造りを正しく認識していないのです。





スケッチが大事なことを痛感しました。
by kanmyougama | 2009-12-11 15:49 | 思いつくままに・

NO・363  サトイモ


7日初霜。
里芋・ヤマイモ・生姜の収穫を急ぐことにしました。


サトイモの最後の二株を収穫。
a0064422_1513877.jpg
親芋・小芋・孫芋・・・・・、親芋もお尻には種芋・・・・。
a0064422_15132952.jpg
二株で取れた芋。
a0064422_15135563.jpg
親芋も切り株に見える文様・・・葉の重なり具合が面白い
a0064422_15143466.jpg
芋が大きくなると葉が一枚一枚取れてこんな縞模様ができるようです。


サトイモ(里芋)は、サトイモ科の植物。学名は、Colocasia esculenta Schott。マレー地方が原産と言われる。茎の地下部分(塊茎)を食用とする。また、葉柄は、芋茎(ズイキ)といい食用にされる。主要な品種は小芋系統(小芋が多数できる)ののもの。


里芋のごまみそ煮・・・・味噌田楽・・・・・・・・・
a0064422_15545646.jpg



里芋の煮ころがし
a0064422_15552372.jpg




今夜はどちらにしようかな・・・。
by kanmyougama | 2009-12-08 15:14 | 思いつくままに・