<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

NO・297  三月も今日まで


                        画像はクリックしていただくと拡大します

あれよあれよとういうまに三月も今日まで・・・・・・・。

a0064422_1318671.jpg

花冷えの中サクラは次々と咲いて、

これから最後の八重サクラ・・・・。





工房周りの木々(クス)はすっかり新緑に・・・・・
a0064422_1441840.jpg





散歩道見つけた花・・・・・・・・・。
a0064422_12393711.jpg



郁子の花入り江に深く指たらす        藤江 瑞


ムベの花です。


モチーフに好きな花です。
でも器にうまく表現できてはいません。


アケビの花も見かけましたが、
もう散り始めていました。
by kanmyougama | 2009-03-31 12:58 | 自然

NO・296  サクラと不知火の海



                          画像はクリックしてくださると拡大します。

山桜はもう葉桜に変わりました。
ソメイヨシノの桜前線も知らぬ間にここ工房あたりも通過したようです。
公園の花々も満開。

a0064422_10504081.jpg
a0064422_1128352.jpg
サクラと不知火の島
a0064422_1059532.jpg
a0064422_1103318.jpg
石梨の花
a0064422_1293869.jpg
スミレ




自宅の菜種のことですが、
今が見どころ黄色い花が満開。
小鳥の鳴き声蜂の羽音でいっぱいです。
a0064422_1153824.jpg
a0064422_1285087.jpg



製作も順調です_____
といいたいところですが・・・・・しいてはことを仕損ずる・・・・・というところです。

練りこみの大皿は乾燥ミスしました。
室から出すのがはやすぎたのでしょう・・・・

またはじめからやり直し。


a0064422_11113233.jpg



いつものことです。





「抜き絵大皿」は素焼きが終わって、
抜き絵と釉かけ・・・。
by kanmyougama | 2009-03-27 11:01 | 自然

NO・295 九州国立博物館展終了



特別展・・・・・
「工芸のいま  伝統と創造」  九州国立博物館展   1月1日から3月15日
________どこにもない、日本の今がここにある________


九州・沖縄の工芸作家  総勢137名
工芸の精華24名
「うち人間国宝27名」

が無事終了しました。



a0064422_1053857.jpg
会場のエントランスルーム
a0064422_1011493.jpg
作品出展者のパネルです。
a0064422_108182.jpg
広いスペース・斬新な展示
a0064422_1085842.jpg
a0064422_1095344.jpg
a0064422_10102242.jpg
私の「練り上げ絞胎結文長方皿」
a0064422_10142632.jpg
出展者の画像前掲(部分)です。





博物館の許可を得て会場・作品を掲載いたします。

九州の現代作家の作品の展示会でした。




展覧会の末席を汚すことになりました。

九州国立博物館の意気込みとご好意に感謝しています。
by kanmyougama | 2009-03-23 10:13 | 展覧会

NO・294   結婚式から・・・




14日  知人の娘さんの結婚式に参列しました。
若者たちの元気が満ちた結婚式でした。
久しぶりの参列でした。

プライベートな面を避けて印層深かったのをいくつか・・・・・、

a0064422_21342361.jpg
「新婦は赤・青・白
のどの色で入場でしょうか」のクイズでしたが・・・僕は「赤」・・・外れました。


a0064422_21391297.jpg
デコレーションケーキ(・・・・・ウエヂングケーキ・・・)はこんなに大きくなっているんですね。


a0064422_21391283.jpg
美味しくいただきました。



a0064422_214145100.jpg
a0064422_21472682.jpg
ルイアームストロングを思わせる貫禄の・・・・いえ歌も最高に・・・・ジャズメン・・・の登場。
本場のアメリカでも著名なジャズメンとか・・・・。

この巨体で会場を飛びまわっていました。
4曲の曲名を書いていましたが・・・・・・


残念。


a0064422_21552087.jpg
お酒のメインはsyoutyuuです。
美味しく飲んで食べてお祝いです。


a0064422_21451133.jpg


これは薩摩男児のストームを思わせる・・・・、
若いころやっていました・・・・・・・・・。
品がないと言わないでください。


a0064422_2151127.jpg

もうひとつ・・・・。





a0064422_2152442.jpg


式を終えて外に出てみたら・・・、桜島が夕陽に赤く染まっていました・・・・。







工房から式場まで3時間、
帰りも。
その間にもお酒が。


帰り着いて2次会。






年相応に・・・。
by kanmyougama | 2009-03-20 21:43 | 日本の伝統文化

NO・293  北帰行



《画像をクリックしてご覧ください・・・・ 》   

   
15日

今日はツルの渡りに最高の条件に見えました。
a0064422_2214155.jpg
工房上空を渡る様子です
a0064422_22145148.jpg
まだ十分気流・・・上昇気流をつかめていないようにみえます。
工房上空で旋回して気流の流れを探しています。
a0064422_22152794.jpg
竿になり・鉤になり・・・・・上昇気流を頼りに渡ります。
いつもの《北帰行》の光景です。
a0064422_22155212.jpg



ナベズルの渡リだと思います。
3月も半ば出水の荒崎(ツルの渡来地)にはそう沢山のツルは残っていないと思います。
by kanmyougama | 2009-03-15 22:17 | 自然

NO・292 ・・保育園の遠足




今日は朝から晴れています。
工房周辺の山桜が咲いています。
a0064422_212351.jpg
a0064422_2123258.jpg





ツルの渡りがありました。
行人岳のあたりでツルの鳴き声が聞こえますが、
渡りの様子は確認できません。

マナズルの最後だろうと思います。









保育園の子供たちの遠足だったようでにぎやかな声が聞こえます。
a0064422_2122952.jpg
オヤツを食べておしゃべりして・・・・
a0064422_2132260.jpg
早々と大きなリュックを背負って移動しました・・・・。


工房からは撮影できませんが、近くの遊戯場へ。

・・・・製作の様子です・・・・・
by kanmyougama | 2009-03-12 21:07 | 思いつくままに・

NO・ 291  大皿(鉢)挽き





所属する会派やグループの締め切りがせまりました。
轆轤挽きです。
大皿・鉢・壷・・・・をいくつか挽く予定です。




轆轤を挽き終わって室で乾燥します。

    大雑把に       65 × 65  ×  13     (cm) 位の大きさです。


a0064422_21124880.jpg




2日後程よい乾燥の後、  削りの様子です。

a0064422_21124929.jpg




今回は「抜き絵・・・・・・」「布目・・・・」を主な技法に、
モチーフに「山帰来」を使ってみようと思っています。

いつまで「山帰来・・」とからかわれたこともありますが、
捨てがたいモチーフです。




今日壷挽きに入りました。
名前の付けようがないので、
「薩摩焼」風の形から「半胴壷」とします。
a0064422_12462034.jpg



・・・・・・・・・・・

特別展示  
    工芸のいま  伝統と創造    
 ・・・・九州・沖縄の作家たち・・・   主催  九州国立博物館
   会期2009年1月1日から3月15日



   練り上げの作品を出展しています。

・・・・・・・・・・・・


   会期末になりましたので10日に出かけてみようと思っています。    
   展示の作品・展示の様子・・・一見の価値ありと・・・聞きました。
   自作がどんなに展示されているかも・・・興味ありです。


   「九州国立博物館」、空調の点検中のトラブルで、見学を予定していた10日が臨時の休館となりました。
その後の開館の様子はわかっていません。

by kanmyougama | 2009-03-08 21:13 | わたしの仕事