<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

NO・289   早くも3月



ここ数日昼間は晴れて夜はだいぶ雨が降ります。

工房の周囲の土手に蕨が顔を覗かせました。
蕨は初夏の植物だと思いますが・・・・・

a0064422_1226259.jpg


a0064422_12325869.jpg

私の好きなモチーフのひとつ秋には赤い実が付きます、
ガマズミ(山照らし)の花芽です。





a0064422_1085149.jpg
自宅のコブシが咲きました。

a0064422_12312589.jpg

この花の名前は覚えられずにいます。熱帯植物です。台湾産のはず・・・・。
カイガラムシが付いてほかの花から隔離していました。
このブログでも、秋田の竿灯見たいな面白い花を紹介したことがありますが、
今年は寒さで弱ってしまい花を諦めました。

気が付いたら枯れ葉の中に花をつけていました。
申し訳ないようなうれしいような。

長いこと菜園のことを書いていません・・・・・・
by kanmyougama | 2009-02-28 12:27 | 自然

NO・288   八代海の島々・・・・・・副振動  




今朝の「八代海の島々」いつもの景色(定点観測みたいな)です。

a0064422_8481231.jpg


絵のモチーフにしました(NO.287)。

ビニールでマルチ・ラッピング・・・・・・(NO・280)
ビニールマルチは消えて緑の島になっています(今朝)。




いつもと変わらぬ静かな景色ですが、今朝は心配があります。


<昨夜から九州一円・沖縄にかけて海面が大きく上下する副振動がおきていて、海面が1㍍50cmぐらいの上下差が出て、船の転覆や港の浸水が起きている。
今朝10時が満潮で注意が必要。>



満潮時に海面が1m50cmも上昇しますと画像の伊唐港や近くの港で浸水が起きないかきがかりです。
by kanmyougama | 2009-02-26 08:48 | 自然

NO・287  八代海の島々・段々畑




「待春」・・・・・と名前をつけて油絵を描いています。
定点観測みたいにおくっています「八代・不知火海の島々」、
夕日のきれいな東シナ海を望む「段々畑」、
をモチーフにしました。




大学時代の仲間と発表するグループ展「MASS20」と、新東京美術館で開かれる
所属する会派白日会・「第85回展」に出展する予定にしています。
締め切りが控えて大慌てしています。



未完成で恥ずかしいですがここにも経過作品を発表します。

a0064422_15193657.jpg
朝夕眺めています八代海の島                               「八代海の島々・待春」     80F
 


a0064422_851260.jpg
                                     「段々畑・待春」         80F
「棚田」選にも選ばれるほどの「棚田」の海に突き出た岬あたりを描いています。
奥に見えます島々は天草下島・・・<牛深>・・・あたりです。
by kanmyougama | 2009-02-21 08:12 | わたしの絵

NO・286  雨水



雨水。

氷が水に変わるころ。

「池袋薩摩焼展」・「パリ薩摩焼展里帰り展(江戸東京博物館)のオープンを済ませて
工房に帰ってきました。
会場では多くのブログ仲間の方ともお会いしました。



工房の寒緋桜が咲いていて、季節の移り変わりを感じました。
a0064422_1225233.jpg
背景に工房が入っています。
a0064422_12254984.jpg
工房の公園で一番はやく咲くサクラ「寒緋桜」
a0064422_12262462.jpg
気が付いたら近い枝で目白が蜜を吸っていました。
じっとしていませんから撮りにくいですね。

・・・・・・・・「池袋展」の様子を・・・・・・・・・
by kanmyougama | 2009-02-18 12:29 | 自然

NO・ 285  「パリ薩摩焼き」里帰り「江戸東京博物館」展・・・・



「パリ薩摩焼き展」里帰り展「江戸東京博物館」展と池袋東武展の
開催のために11日から15日まで留守いたします。
工房に帰ってから返事させていただきます。


一昨年11月にパリ・セーブルで開催された400年の歴史を振り返る
パリ・セーブル主催「パリ薩摩焼き展」が里帰りして、大阪境市博物館・鹿児島歴史資料館「黎明舘」と回って、いよいよ最終の会場になります。

◎会場「江戸東京博物館」
会期2009年2月14日から3月22日
内容・・・・・セーブル収蔵品はじめ、国内外の名品と薩摩焼きの歴史を示す資料など。    
それに「現代薩摩の作家の作品」・・・パリ展に参加した作品です。
僕も「花摘む村娘」(練り上げ作品)を出品しています。
「江戸東京博物館」のホームページ
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2009/0214/200902.html

もうひとつ同時期に
◎池袋・東武・・・・6F・一番地・・・美術画廊・・・・で「現代薩摩陶芸展」(代表作と商品展)が開催されます。
会期・・・2009年2月11日から17日まで
僕も出展しましたので2月12日から14日まで当番です(11日発15日帰鹿の日程)で参加します。
この二つの会場での催しですが、薩摩焼きが世界の「さつま焼き」として魅了した歴史を見るいい機会だと思います。
池袋・東武のhp
http://www.tobu-dept.jp
もし機会ができましたら
皆さんどうか足を運んでください。
これだけの作品が集められる機会はないのではと思っています。
by kanmyougama | 2009-02-10 06:29 | わたしの仕事

NO・284  知育玩具・・・・・

子育ての「玩具」も様変わりしています。
「知育・食育玩具」「豊かな想像力をはぐくむ知育菓子」だそうです。
ことの是非はそれぞれいろいろでしょう・・・・。
こんなのもありましたということで問題提起・・・・・・・。



「お菓子ををつくろう」「ソフトクリームを作ろう」
「・・・保護者が付いてください・・・」とあります。

a0064422_1041330.jpg
お菓子つくりのセットです。
a0064422_10431446.jpg
おすそ分けをもらって食べました、一応味はほどほどにそれらしく。

親子で楽しそうに作りました。その点ではよかった。

食育・食の安全の面からの心配はないのかなァ・・・・・・・・
材料・調理用具をそろえて自作がよさそう・・・・・・・それが当然に思えますが。



ということで問題提起。

____こんな玩具?・・・・・が必要な世情になってきたのでしょうかね・・・・・・
by kanmyougama | 2009-02-06 10:46 | 思いつくままに・