<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

NO・ 161   夏の日



a0064422_10145974.jpg
八代海の朝・・・・・日の出・・・・・。
七日間36℃を超える猛暑が続いています。
ジリジリセミの声です。

       心頭滅却すれば火もまた・・・・・・

a0064422_10242592.jpg

霧に霞んだ行人岳。


a0064422_10232820.jpg


松が平海水浴場は静かです。
ビーチバレー・鰤つかみ大会で賑やかになります。


a0064422_10265443.jpg

<サルスベリの花>
この花を見ると原爆(記念日)のことを思います。
わが子を原爆で無くした医師の歌思い出されます。

広島の原爆を受け火の海をたらちね恋いてさまよいたるらし
ぬばたまの8月7日午前一時半13歳の命絶えたり
陽炎は天に逆立ち目もくらむ日照りの中に墓の草刈る
原爆の日にし来たりて墓参せりわが独り身の空しさのはて


a0064422_1028545.jpg

暑気払いに・・・・
今年は山葡萄が豊作のようです・・・・。秋が楽しみ。

a0064422_1025505.jpg

散歩でとおる宮之浦漁港・・・・工房正面、松が平海水浴場は工房裏手。
by kanmyougama | 2007-07-29 11:09 | 思いつくままに・

NO・160 「陶芸家Hの出来るまで」 林 寧彦著

「陶芸家Hのできるまで」・・・・15日に書店に 並びました。
    林 寧彦さん「週末陶芸のすすめ」「週末陶芸家になろう」に続く第三弾。
a0064422_885019.jpg



刷り上ったばかりの新刊が手元に届きました。
          装丁家伸坊さんによる「装丁」。

          染付けの皿をレイアウト、磁器の肌つややかな白表紙。
          カッチリ清潔な印象__「陶芸家Hのできるまで」のタイトル
          
          紺地に白抜き帯の「私は“これ”で会社を辞めました」・・・
          269ページ・1800円
a0064422_8124473.jpg


           カラー刷り作品紹介↑に続き・


 一流のCMプランナー・コピーライターが、陶芸とのであいから、・・・・・陶芸作家に大変身・・・・。土や自然と向き合う充実の日々・・・・。

      ・・・・・・・・・・読み始めると一気に読まずにおれない魅力に満ちています・・・。




彼は博多に転勤していた頃日本工芸会・西部支部展に__「木守柿招雀図大皿」__を出していました。 
とても惹かれる作品でした。
ボクは当時___抜き絵釉彩「山路」__を出していました。
彼はボクの作品を気にとめていてくれたようでした・・・・・・・・
ここらあたりが彼との接点になっています・・・




ikkannetさん・「わたしは「コレで」・・・・・・・・と紹介・、
彼も自分のブログで「陶芸家Hが出来るまで」紹介しています。
by kanmyougama | 2007-07-25 08:20 | 作家

NO・159  「鰤王」の出荷

17から19日
同窓の仲間と恒例の「陶芸を楽しむ会」でした。
東京から新たな仲間を加えて・・・。
製作テーマは_____「練り上げ」製作



工房からの景色は数回送っていますので今日は港の様子送ります。
「陶芸を楽しむ会」の皆さんと訪ねました。


a0064422_1021830.jpgいつもの「伊唐漁港」・・・・八代海・・・・













a0064422_1023435.jpg


「鰤王」が港に届くのを待っています。
船が着くといっせいに作業が始まります。賑やかそうですが実にしづかに作業は進みます。


a0064422_1025374.jpg
船から網で掬い上げて・・・・・計量・箱つめ・ラベル・産地表示・氷打ち記録・保冷車へ・・・・・。・
a0064422_10272152.jpg
a0064422_10294723.jpg
a0064422_10322351.jpg
a0064422_1037176.jpg







「鰤王」はブランドとして、国内・外の消費地へ送られます。
デパートやスパーで「鰤王」とありましたら「長島町」産です。

遠くは中国・EUにも出荷されます。










パリのすし屋さんで「鰤王」のポスターを見ました。

___出水市 ・ あずま町・・・・・「 鰤 」  ___となっていました。


More ・・・「陶芸を楽しむ会」制作作品は・・・・・・
by kanmyougama | 2007-07-22 10:58 | 工房紹介

NO・158 パリ薩摩焼展実施決定

セーブル美術館(フランス国立陶磁器美術館)主催「パリ薩摩焼展」
・どう時展「現代薩摩焼作家展」実施決定しました。

正式名称          薩摩焼パリ伝統美展
           世界のSATUMA

       ___パリ万博出展140周年記念


                薩摩焼発祥から19世紀までの作品
                 ○日本の薩摩焼作品
                 ○ヨロッパに現存する薩摩焼作品

          期間・・・2007年11月~2008年2月    



_
a0064422_6103876.jpg
________________________

   

More 関連イベント・・・・・・・
by kanmyougama | 2007-07-17 11:21 | 展覧会

NO・157 つかの間の梅雨の合間に・・・・・・



つかの間の梅雨の合間に・工房周辺を散策。


工房周辺は緑が深くなりました。



     ・・・・・台風4号が近づいていますので気がかり。

a0064422_1245053.jpg

工房玄関から八代海を望む・・・。↑
a0064422_12463661.jpg

資材置き場から・・・・・・↑
a0064422_124992.jpg

公園広場から工房を・・・・
   広場では2年に一回造形美術展が行われる・・↑。今年は合併して長島町で実施の予定。
一昨年前の造形展の様子はここから
a0064422_1252425.jpg

工房正面に見える<伊唐>漁港では「鰤王」の出荷が盛んに行われています・・・・。
          奥様は出荷のお手伝いに・・・・。
                   奥の大きな島は熊本県御所浦島(恐竜の島)↑・・・。




玄関前のルドべキアに蝶が来ています。
         お尻を向けているのは・・・?↓
a0064422_13105826.jpg
a0064422_13115329.jpg







昨日あたりから・タンカー・フエリーが避難してきました。
日没前の八代海の避難船。
クリック拡大すると8艘の大型船が確認できます。
a0064422_21293613.jpg


   避難船があるということは台風進路からは逸れるということなのですが・・・・。







セミの鳴き声が時折・・・・・梅雨明けが近いか・・・・。
by kanmyougama | 2007-07-13 13:12 | 思いつくままに・

NO・156 蝶を写してみました



窯詰めが終わって4時から本焼に入りました。
火入れして工房周りを散歩。

黄色い花に蝶が群れていました・・・。


a0064422_2115592.jpg

結構大きな目玉ですね。
a0064422_21174466.jpg
a0064422_21193088.jpg
a0064422_21492198.jpg
これはぼけてしまいました。


kaguya wing さん・・・・・・・・・hatimitu0415さんの素晴らしい画像にあやかって

マクロに挑戦してみたのですが・・・・・。

___まだまだありました____花月写真館



名前はこれから図鑑でしらべます。


hatimitu0415さんから
>①ヒメアカタテハ②ツマグロヒョウモン ③ヤマトシジミ④ジャノメシジミ(?)じゃないかと思うのですが・(^^ゞ
by kanmyougama | 2007-07-05 21:26 | 自然