<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

NO・153 四国の旅・・・・(3)道後温泉

17日  

松山駅下車市電で道後温泉駅へ。




松山駅・・・市電・・・・「坊ちゃん号」。↓
a0064422_9173319.jpg
松山駅。まず「坊ちゃん・・・」で印象着けられて・・・・バスも「「坊ちゃん・・・」・市電の人気バージョンは「坊ちゃんトロッコ号・・・・」。
a0064422_9191685.jpg

停車場はすぐ知れた。切符も訳けなく買った。乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ。
                                   ・・・・<坊ちゃん>より
・・・・・・・・小さな客車に揺られ、温泉につかり、団子を食らう・・・・・・・・・・・・・・・
a0064422_9205242.jpg
明治21年開通・・28年漱石松山に赴任・・・・・・・30年「「坊ちゃん」刊行。
a0064422_9282082.jpg
道後温泉駅を下車、アーケードを抜けるとそこが道後温泉のメイン「道後温泉本館」↑。坊ちゃん」ゆかり・・・・いや漱石が逗留した本館の部屋。ここは残念ながら撮影禁止。撮れないこともなかったが・・・・。
スノコの部屋は漱石逗留の部屋を外から一枚。

18日___松山市内見学・・・・・・More
by kanmyougama | 2007-06-24 18:31 | 旅行など・・

NO・152 2泊3日四国の旅・・・・(2)・・・・・歌舞伎大芝居小屋「金丸座」


6月16から17日
「金比羅さん」本宮に参拝して下りは途中から参道裏道に入り、
日本最古の歌舞伎座「金丸座」へ。
  (実を言いますと「お遍路」88箇所札所が近くにないかと散策中に、この「金丸座」に行き着きました・・・・16日下見。時間外で見学入館できませんでした。)


一先ず外観を。
a0064422_754213.jpg
正面
a0064422_7553098.jpg
a0064422_7572311.jpg
後ろ
      人気のない静かな佇まいですが・・・・
       この道・・・・「金比羅さん」の裏参道


17日「金比羅さん」参拝のあと途中から裏参道を「金丸座」へ。

「金丸座」のなかを見学できました・・・・・・・      More
by kanmyougama | 2007-06-21 08:01 | 旅行など・・

NO・151  2泊3日四国の旅・・・・・(1)

16日~18日 二泊三日の四国の旅にでていました。

梅雨に入り雨に降られることは覚悟して、
坂出の「香川県立東山魁夷美術館」・・・・・・・、琴平「金比羅さんと金丸座」・・・・・・・・・、松山「道後温泉」「坊ちゃんトロッコ」「松山城」「坂之上の雲ミュージアム・」・・・・・・・「下関レトロの街」・・・・・・。
大雑把にこんな内容で。

この旅行は恒例になっていて古稀を過ぎた年齢の夫婦3組での旅。

昨年は岡山・倉敷・・・・・・、
一昨年は「出雲」「足立美術館」「鳥取砂丘」「出石」・・・・、
その前・・・・・・「志賀高原」・「佐渡」・「会津若松、」・・・・・。

__________

16日 岡山から坂出へ・・・夕刻には琴平へ・・・一日晴。
「香川県立東山魁夷美術館」は作品が小さく木版・リトグラフなどで中心で・・・
「魁夷」の作風は見て取れたが、大振りの作品が2点だけで・・・・残念。
a0064422_7274769.jpg
↑美術館で       作品は撮影禁止HPから。
香川県立東山魁夷せとうち美術館のHPを参照ください。

こちらが作品集


17日。琴平「金比羅さん」700数段を歩いて上って本殿参拝。(僕ではありません。)
a0064422_7505446.jpg

途中にある「旭殿」・・・・。
a0064422_8123998.jpg


素晴らしい彫りこみの軒先。渦巻く波濤。
・・・・・・(MOREの最後に再掲・・・・クリックして拡大してみてください)

a0064422_825261.jpg

森の石松がここが本殿と思い万感こめてお参りして帰った。 
後に「ご利益がなかった」と嘆いたとか。 
本殿に劣らぬ立派なつくり、本殿とみたのも無理ないかな


10時を過ぎた頃、参道に満ちた善男善女。

a0064422_8402256.jpg


More
by kanmyougama | 2007-06-19 07:04 | 旅行など・・

NO・150  梅雨の晴れ間に



梅雨の晴れ間に・・・・・と言うのも変ですが・・・・。
入梅してすぐから雨らしい雨は 降っていません。


工房の裏手に見える脇崎・潮追漁港は「黄砂」に霞んでいます。

a0064422_15275450.jpg
a0064422_15301661.jpg






ガマズミ(山照らし)?

久しぶりに気をつけてみてみました。

と言うのも・・・
ガマズミなのか山照らしなのか、ハクサンボクなのか・・・・・・
いつもこの頃この植物の名称で困ってしまいます。

図鑑を見ていると紛らわしいのがまだまだあります。
・・・・・・・・コバノガマズミ・ミヤマガマズミ・・・・・・など。

視覚・触覚では___葉が厚く表面に強い光沢があり、葉は相体して出ているので、
葉の<厚み>と<強い光沢>を決め手とすれば_____「ハクサンボク」 になります。

皆さんの声も聞かせてください。
a0064422_1532361.jpg




器の文様に好きなモチーフのひとつです

More
by kanmyougama | 2007-06-11 15:44 | 自然

NO・149 「抜き絵」の草文スケッチ・エスキース

「抜き絵」の草文スケッチ。
一閑さん・Honey8787さんのスケッチのことにあやかって、
抜き絵の下絵・スケッチをUPしました。

一閑さん____・・・ちなみに、今日の記事の中の落書のようなカットは、初期のエスキースの一部。このような、時間あるときに気まぐれで書きためている落書エスキースをの中から、
テーマにそった文様の元を探します。
_
Honey8787さん___エスキースになる文様は、身の回りにどこにだってあるような気がする。意識して街を歩いていれば、そこここでエスキースに出くわしているのだけれど、メモしないと忘れちゃう。
だから、スケッチブックが必要なわけだ 。

お二人のエスキー・スケッチ考を引用して、(リンクまでしました・・・・・・)

本音を言いますとチョットネタ切れです。

a0064422_13251588.jpg
a0064422_1282425.jpg
口つくりも考えたり・・・・・
a0064422_12103355.jpg
長方皿にも・・・・
a0064422_12405251.jpg
大皿の文様に
by kanmyougama | 2007-06-02 12:12 | わたしの仕事