<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

NO・92 秋を拾って・・・

散歩道、台風の潮風で痛めつけられた中で秋を見つけました。
a0064422_21204117.jpg
↑僕が好きなモチーフの山帰来(サルトリイバラ)、春の花から数回UPしていますが、今日見たら、大分大きくなっていました。
3月30日・NO・47僕の好きなモチーフ、
4月5日・NO・49・散歩道、
6月26日・NO・72梅雨明けまじか・・・・・、
に掲載しています。とっても長い時間をかけて実っていくんですね。
a0064422_2124208.jpg
↑石榴は完全に熟していました。台風で大分落ちたようです。
a0064422_21321460.jpg
↑ガマズミだと思っていますが、今からもっと赤く発色します。好きなモチーフです。
3月30日・NO・47 僕の好きなモチーフ・・・・・・ガマズミの花・を掲載しました。
a0064422_21343088.jpg
↑黄色の彼岸花は九州が多いのでしょうか。お聞きしてみたいと思いました。
赤い彼岸花は満開の時期を過ぎて白っぽく枯れています。

工房周囲の黄色い彼岸花ここから
a0064422_21381239.jpg
↑真っ赤に燃えるようなカンナの花は今が真っ盛り。
「かごしま太陽国体」の置き土産です。

巨火の通る道や県内一円に植えました。
赤・黄色・ピンク・・・・とっても多い花です。
丈夫な花です。
by kanmyougama | 2006-09-29 21:48 | 自然

NO・91・・・・・・《郷土作家》展無事に終了・・・・

第7回日本工芸会《郷土作家展》昨日18時、盛会に無事終了しました。
11人の作家が一同に出展できる会場を提供下さった鹿児島三越店スタッフの皆さんに
感謝申し上げます。
連日多くのお客さんが見えました。うれしい毎日でした。
ブログをとおして応援くださった仲間の皆さんにお礼もう仕上げます。
a0064422_751084.jpg

作品を観てくださるお客さん。↑
a0064422_753283.jpg

旧交を暖めあう作家の家族とお客さん。↑
a0064422_84296.jpg
↑僕が作陶始めたころ・・・・・・このモチーフに嵌ってしまいました。
何時まで「山帰来なの・・・」といわれるぐらい続いていました。
この作品は森一規陶工房風さんの作品。
a0064422_895964.jpg
会長竹之内彬裕さんの酒器。↑
a0064422_821421.jpg
a0064422_11395251.jpg
僕のテーマのひとつ《撹胎・・・練り上げの技法)・・と「マスキング(抜き絵)」・・・・・・・これからも追及していきます。↑



ブログ仲間の皆さん声援有難うございました。
by kanmyougama | 2006-09-25 08:00 | 展覧会

NO・90  郷土作家展本番・・・・

「郷土作家」展・・・・・20日・・・本番開始。
オープンの日の会場の様子です。
a0064422_8254365.jpg
デパート 《鹿児島三越》   7階催し場の会場。
11人の作家のコーナーができて、大勢のお客さんが見えました。
日本工芸会の作家もやっと知名度が出てきました。
皆さんに知っていただくいい機会です。
正面が僕のコーナーです。
a0064422_8304136.jpg

一部作家を紹介します。
陶工房風・・・・ここから風ブログへ・・・・森一規さんの・・・ユニークな炭化焼成の作品。
昆虫(ムシ博士)でも有名。内助の功の奥さんのブログも訪ねてください。↓
a0064422_8425117.jpg
 ↑彼(森一規さん)も作家展の様子・すべての作家を紹介をしています。ここから・・・・・・三越にて(風ブログ)・・・・・・・・・・ご覧ください。
歓談中の作家たち・お客さん・マスコミの取材・トーキングの様子・・・・など。
a0064422_922436.jpg
        

ただ一人のガラス工芸作家。薩摩切子の復刻・伝承と創作に取り組んでいます。↑




私の作品も紹介しますがすでに見ていただいたものです。
a0064422_9122179.jpg
a0064422_16491466.jpg
練り上げ中心です。鉄絵銅彩の作品も出しています。↑


長老荒木幹二郎・秀樹親子の作品。
薩摩焼美山の作家。↓
a0064422_9162161.jpg


近くにおいでのさいは会場を訪ねてください。
鹿児島市に知り合いがありましたらご紹介ください。
by kanmyougama | 2006-09-21 09:19 | 展覧会

NO.89 台風13号の爪あと

台風13号大きな被害を残して通り過ぎました。
工房のある長島町の60km東シナ海側を北上しましたが、それにしては
工房周辺被害が少なくてホッとしています。
これまでこのコースですと最悪の事態になりました。
工房の屋根や壁を吹き飛ばされたりしています。(19号台風)





後でわかったのですが島内丘陵地に4機できている風力発電機のうち、
一機の羽根が見事に根元から破損しているのがわかりました。



a0064422_841562.jpg
画像は地方紙に載ったものです。台風の翌日の撮影です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発電機の高さ   45m
羽の長さ      20m
ドイツ製

360mの丘陵地
台風接近時の風速   40m


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kanmyougama | 2006-09-19 07:54

NO・88 台風接近

台風の季節です。
13号台風が今日奄美久米島を暴風域に巻き込んで北上中です。
漁業の町・工房のある町にとって今回のコースが、台風として不気味です。


こんな台風が近くを通るかどうかを判断をするひとつに八代海に避難する大型船があるかどうかです。

今日3時ごろ2艘の大型フエリイーがは行ってきました。
a0064422_21193761.jpg
遠景です。(画像1)
a0064422_21201468.jpg
客船です(画像2)
a0064422_21203858.jpg
A・LINE です。有村汽船。奄美大島と本州を結分フエリーです。(画像3)
予ねては5~6艘停泊します。
明日入ってくるんでしょうか。


今日16時の台風情報。
____台風13号は久米島の西の海上を北上中。今夜遅くにも組め島・本当北部が暴風域に入る。明日17日の午後九州と西日本に接近、上陸する可能性もあるので、tっ委。瀬戸内海・九州の沿岸では高潮の恐れも・・・・。


思うに明日の午後3時ごろ九州は暴雨風域に、場合によっては進路が変わって上陸も・・・・。

其の後場合によっては九州・四国・本州・・・のコースも。

・・・・・・・皆さん台風対策を。
by kanmyougama | 2006-09-16 21:35

NO・ 87  第7回「郷土の作家展」

第7回 日本工芸会 「郷土の作家展」が始まりました。
a0064422_15313348.jpg

この「郷土作家展」は、日本工芸会鹿児島の会に所属しています。
日本工芸会正会員・準会員です。
<陶芸>
荒木幹二郎
荒木 秀樹
岩田 鉄山
上原 睦男
下払 豊志
竹之内彬裕
別府 威徳
森  一規
<染織>
林  郁子
<木工>
原  寛磁
<切子>
中根 総子

近くにおいでの機会がありましたらご高覧ください。
by kanmyougama | 2006-09-13 15:47 | 展覧会

NO・ 86  シャガールの花籠を持つ村娘

素焼きで楽しんでいただいた1連の器
NO.84の素焼きは本焼きで仕上がりました。


三越で開く日本工芸会の〈郷土作家展〉に間に合いそうです。


まず網代・鶉・撹胎から
a0064422_13131720.jpg
素焼きの色とは違ってきました。素焼きのままの色が生かせないかな。


ブドウ紋の器・・・鉄絵銅彩による。
a0064422_13165853.jpg
a0064422_13182497.jpg



雌型による〈撹胎)作品・・・・・・残り物粘土の壷。
a0064422_145196.jpg


NO・83のコメントで、

「シャガールの花籠を持つ村娘」nonacafeさんの命名・・・・・・・花籠か葡萄を摘んで収穫籠を持つ村娘の横顔・・・・・壷です。
a0064422_13334840.jpg
鉄分だけの壷。
a0064422_1344816.jpg



藤井さん問題提起の顔料絵の具で。
a0064422_13494680.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第7回  日本工芸会・・・・・・郷土作家展     鹿児島三越


      プレ会期 9月12日~18日  5階美術画廊 
      本会期  9月20日~24日  7階催し場

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kanmyougama | 2006-09-04 13:26

NO. 85  展覧会のご紹介


・・・・・・・・・・・展覧会のご紹介・・・・・・・

 芸術の秋です。展覧会の秋です。
 珍しく都心を離れて兵庫でひらかれます。
 
人間国宝
「松井康成の全貌」展


9圧9日(土)~10月22日(日)兵庫陶芸美術館  http://www.mcart.jp

a0064422_1091120.jpg



a0064422_10103798.jpg


スキャナーも落雷でパンク、デジカメでとりました。
画像が大きくてすみません。



兵庫陶芸美術館に近い方、
機会がありましたらたずねてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生誕120年「富本憲吉」展


8月1日~9月10日まで
京都国立近代美術館


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kanmyougama | 2006-09-02 09:49