カテゴリ:鶴の情報( 19 )

NO・124 ツルの「北帰行」の時期

1月3日はツルの「北帰行」に失敗。
ツルの探鳥家N君からの報告。
a0064422_983057.jpg
渡りが近づいたネグラではチョトした光や音や小動物、人の動きにも敏感に反応します。
飛び上がったり一斉に全部のツルが頭をもたげます。
全体が緊張しているように見えます。
a0064422_9134010.jpg

ネグラの食事の時間もかねての悠長な雰囲気ではありません。


食事のあと気圧・日照・気流など条件が整えば、「北帰行」が始まります。
a0064422_9193164.jpg

家族で飛び出し気流を探りながら「北帰行」を試みたマナズルです。
条件が整わず引き返したようです。

3日の「北帰行」は失敗に終わったと思われます。

____10時過ぎ4羽のマナヅルが荒崎の上空を旋回し始め、かなり
の上空まで上りましたが、気流に乗れずに20分ほどで降りて
きました。
明日は飛び立つのではと思われます。
別府君、工房から眺めてみてください。_______
・・・・N君の情報です。


画像はN君です。
著作権のことも考えて原画をトリミング・画素を落として使わせてもらっています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨年の「北帰行」の様子
     行人岳山頂付近で気流を拾うツルの様子。
a0064422_14323461.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年の北帰行8日…18羽が渡りに成功。昨年に6日遅れ。
by kanmyougama | 2007-02-04 09:29 | 鶴の情報

NO・110 ツルの情報


今年初めての羽数調査、公式の発表。
a0064422_11351474.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ナベズル      9289羽
マナズル      1084羽
カナダズル他      6羽

(他は・・・・・クロズル2.ナベクロズル1.カナダズル3.)

計         10379羽


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
万羽鶴 10季連続      出水平野

出水平野で越冬するツルの羽数調査が25日実施され上記のように報告された。
例年並みの飛来となり10期連続の万羽ツル達成。

画像は南日本新聞記事よりコピー。








a0064422_12135377.jpg
ナベズルの群れ
a0064422_1215299.jpg
やや灰色っぽいマナズル           ツル探鳥家N さんの提供





このブログ2信目・・・2005・11・11 ・・・・・・・・・・・・   《  ツル情報  》でした、
孫の誕生日でした。
by kanmyougama | 2006-11-25 12:04 | 鶴の情報

NO・103  本格ツル飛来・・・ツルセンター活動開始・・・



工房上空を出水に向かうナベズル。クリックしてください。

なおツルの画像をクリックしますと画像が大きくなってツルの飛翔の様子が良く見えます。
最大化・上下のスクロールをしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



現在の鶴の飛来数約6000羽、大分賑やかになっています。
マナズル    100羽
カナダズル     3羽
クロズル       1羽
ナベクロツル    1羽
残りナベズル
ツル保護監視員の話ですと、今年はマナズルの飛来が少ないとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




用心して着地を探すツル
上空を旋回しながら遊休地に無事到着、ご苦労さん。
a0064422_9142539.jpg
奄美・龍郷にとんだツル・・・・・・・・・・・・迷子のナベズル4羽、南の島で骨休め。
出水のネグラににたどり着けるのだろうか?
a0064422_8504020.jpg



ツルセンター活動開始。

今年のツル娘もお目見えして。市長さんはじめ関係者・NPO・ボランティア・見学者が参加して、万羽鶴の飛来を期待してねぐらに歓迎の餌まき。
a0064422_8572125.jpg


a0064422_92863.jpg
餌まきを終えて・・・・・今年のツル娘さんたちとカメラマン・・・。展望所も会館しました。
遊休地にいたツルたちもネグラに集まってきます。



以上の画像・ツル情報は、ツル写真家N君の提供
by kanmyougama | 2006-11-02 09:00 | 鶴の情報

NO・97    冬の使者・・鶴初飛来

昨日の続き・

保育園の遠足の日。

朝は霧、あとは汗ばむほどの快晴でした。

記念撮影して…親子で遊んで・・・・
帰ってゆきました。
a0064422_932564.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    鶴情報      NO.1

  10月14日(土曜日)今年初めての鶴が朝鮮半島から飛んできました。
昨年に一日遅れ。ナベズル13羽を鶴監視員が確認。
画像は地方紙より転載。
a0064422_91148100.jpg

昨日夕方・・・・・・工房の上空を十数羽の塊で数回ネグラへ向かって飛びましたので、今日は大分増えているでしょう。
10月下旬にかけて渡りが本格化するとみられます。
a0064422_929052.jpg




参考に・・・・・
ナベズルの群れ・・・。昨年の撮影。
by kanmyougama | 2006-10-15 09:23 | 鶴の情報

No.45 残りは「ナベズル」7000羽

ネグラを飛び立つツル。
最後のマナズルも旅立ち。
残るのはナベズル7000羽。


a0064422_2234315.jpg
↑「このコースならかえれます」行人岳に向かうコースです。
a0064422_2261231.jpg
↑最後に残ったマナズル1羽ナベズル家族について飛び立ちました。
a0064422_2285627.jpg
↑残りは「ナベズル」約7000羽。
今月いっぱいで帰るでしょう。



______画像3枚、野鳥愛好家・写真家Nさん提供です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0064422_22245289.jpg

a0064422_9321123.jpg
工房の周りの桜早いのは満開です。
これから次々と咲きます。
a0064422_22383862.jpg
ムベの花。今年はいつもより花数が多く感じます。
僕の散歩道の花。
by kanmyougama | 2006-03-25 22:15 | 鶴の情報

  No40  行人岳山頂 ・・・・・鶴の北帰行探鳥に・・・・・

昨日快晴に恵まれ「ツルの北帰行」を見ようと行人岳山頂に登ってみました。
荒崎のネグラからは7羽・10羽・5羽と飛び立ったと情報がとどきました・・・・・・・
10時から1時ごろまでが山頂通過の予想です。
a0064422_12233013.jpg
↑行人岳山頂の光景。
プロ・アマチュアの写真家、野鳥観測のマニア、観光の人々でいっぱいにあふれそうです。
近隣の方や遠く本州からのかたと賑やかです。

遠望は遠くから天草・獅子島・伊唐島・・・。海は八代海。
ちなみに・・・・右から8人目の頭あたりの三角とんがりのついた橙色の建物が「工房」です。
Upで示してみます。・・・・・・・中央の建物が工房、右の白い四角い建屋が窯小屋。
         台風の標的みたいなものです。
a0064422_1240968.jpg



本題の帰りますが、ネグラを飛び立った鶴はいっこうに山頂へはこずに、今日の探鳥は
成功しませんでした。

・・・・・・・・行人岳コースを取らずに獅子島の上空から雲仙方面に飛んだと考えられます。

  <今日は2時ごろから強風に変わり、夜半から今朝にかけて雨でしたので、北帰行をやめた   模様です。 ツル保護監視人の談>

山頂の様子はわかっていただけたと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


△ 「練り上げ」大皿は順調に素焼が上がりました。
a0064422_13352958.jpg

a0064422_13445664.jpg


                     


                            磨いて釉をかけます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kanmyougama | 2006-03-06 12:47 | 鶴の情報

  「鶴の北帰行」が始まる・・・・・・



鶴がふるさとシベリアへ向かって「北帰行」を始めました。

今日11時、マナズル16羽が遊休地荒崎から3,4羽の家族単位で次々と飛び立った。
10羽は引き返したが、6羽が上空を何回も旋回。
編隊を組んで東町行人岳を経て天草へ飛び発った。昨年より9日早い北帰行。
(行人岳・・・・工房裏に見える・・・島内最高の山。渡りのルート)
a0064422_20413364.jpg

      ↑荒崎遊休地(ネグラ)の鶴の様子


日の長さを体で感じ取って春の到来を知り、慌ただしく北帰行の準備が始まります。


長い旅路を飛んで行けるだけの体力をつけます。
ふるさとに帰る前に伴侶を・・・・。
子供が旅路に耐えうるように育っているか・・・。



a0064422_2049799.jpg
今日仲間(野鳥愛好家・・・今回の画像撮影者)が珍しい鶴を見つけました。
「ソデクロズル」の幼鳥ではないかと、ツル保護会に問い合わせています。

      (中央の白い一羽がちがう・・・・・・?・・・)


「クロズル」の幼鳥だそうです。・・・・・・ソデグロの幼鳥と見まがうということです。



このころになると、鶴はとても敏感になります。
ピーンと緊張感に満ちてきます。

飛び立ちの練習。
鳴き声もいつもと違います。

____だって、「ソーレ、行くぞ。しっかり付いといで・・・・・」

3000キロ~7000キロ飛んでいくんだよ。
by kanmyougama | 2006-02-02 21:54 | 鶴の情報

出水平野の万羽鶴


新春出水平野・荒崎の鶴の様子をおとどけします。1月2日の様子です。
ナベツル・マナヅル・クロヅル・ナベクロツル・カナダズルの万羽鶴です。10785羽。
a0064422_1645856.jpg
この画像はナベヅルです。世界中のほとんどがここ出水に飛来します。希少絶滅危惧種です。↓
a0064422_1673967.jpg

この画像の中で多いのはマナヅル。↓
a0064422_16111495.jpg
ねぐらに帰るツル。飛翔の様子。↓
a0064422_1615335.jpg



一箇所に集まりすぎて、ウイルスなどの感染を心配されています。


平和に棲める場所であり続けることを願っています。
by kanmyougama | 2006-01-03 16:24 | 鶴の情報

鶴の情報をお届けします。   11・26調査



   ___________「万羽鶴」確認________

                       ナベズル    10434
                       マナズル      338
                       クロズル        6
                       ナベクロズル     5
                       カナダズル      2
   
                                 10785  羽

   26日調査で今年も1万羽を越す鶴の飛来を確認しました。



      ______________________________
by kanmyougama | 2005-11-26 12:15 | 鶴の情報