カテゴリ:自然( 78 )

NO・342  快晴




9日よく晴れた朝・・・
気温26℃
日中は33℃まで・・・・・(天気予報で)・・・。
      _____30℃を超えるのは八代海沿岸のみ___
今日の雨のない一日になりそう・・・・、
a0064422_7445116.jpg
a0064422_7451368.jpg
a0064422_7454127.jpg
a0064422_7461075.jpg
a0064422_7463079.jpg



釉をかけて窯詰め、
順調に進めば夜半から窯焚き。
by kanmyougama | 2009-09-09 07:46 | 自然

NO・ 340  ムラサキシキブ

_________________________________


「新着記事」、「友達の最新記事」の更新受け取ることができなくなっていました。

エキサイトによれば・・・・・・調査の結果、更新処理のパフォーマンスに劣化が見られた為、
その対策を行い、改善されたことを確認されましたので、サービス再開しました。・・・・・・・・ということです。

9/2 23時 ~ 本日 4日20時頃までの「新着記事」、「友達の最新記事」は表示されません。そのために私は更新・返信もできずにいます。

  この間に更新された方・またはメールを・・・コメントを・・・・下さった方お気づきでしたら、よろしければ届けてください。
                                         kanmyougama

________________________________________



ムラサキシキブ

a0064422_8112528.jpg


ムラサキシキブが色付いてきました。




3週晴れ続きです。


秋野菜の種まきの時期です。
一雨ほしいです。
by kanmyougama | 2009-09-04 08:11 | 自然

NO・335  ゴマムシには負けないぞ・・・・



「ゴマムシにまけるな・・・・・」
自作の駆虫剤・・・焼酎と唐辛子で作った・・とカメラをぶらさげて・・・、
ゴマムシの退治です。

マスクしています、決して風邪対策ではありません。
唐辛子の辛さは結構私にも効きます。

a0064422_9441282.jpg



工房から自宅に帰ったらまず退治に一回り
・・・見つけるときはいないものです。



葉を食べた痕跡はありますが、
「ゴマムシ」はなかなか見つかりません。



見つかったら早速駆除・・・・。
踏み潰すかはさみで二つにチョンギリます。




a0064422_9485959.jpg

a0064422_9551141.jpg

a0064422_8434630.jpg    ここに3種類は画像があります。
上は自分で撮影。
葉のついたまま助手席におきましたら、それからも葉を半分ほど食べて・・どこかへドロン。
車のどこかに潜んでいるのでしょう。
しぶといやつです。

2から3番目はWEB画像の一部。

現在までにゴマ畑で4種類を確認しています。
スズメガの幼虫だそうです。


スズメガ(雀蛾)とは、節足動物門・昆虫綱・鱗翅目(チョウ目)に分類される昆虫のうち、スズメガ科 Sphingidae に属する昆虫の総称である。世界中に1,200種ほどが知られている。

成虫・幼虫共に比較的大型になる。成虫の4枚の翅は体に対して小さく、三角形になっていて、高速で飛行する。幼虫は「尾角」と呼ばれる突起を持っている。WEBより







6歳孫が帰ってきました。
虫が大好きです。
「虫にもいい虫とよくない虫がいる」
・・・・・・・役に立つ虫と害になる虫・・・・・・・・・
わかってもらう説明をするのは難しいです。
by kanmyougama | 2009-08-13 09:44 | 自然

NO. 330 皆既日食の日に・・・


ここは部分日食ですが、天候不順最初からあきらめていましたが、
10時30分ごろから太陽が顔を出すぐらいになってきてあわてて観測を考えました。
何も準備していません。

手持ちのデジカメだけです。


暗い雲の間から切れて、薄くなった雲にすかして見える太陽を写すことにしました。
・・・・・・晴れた太陽は写せませんので。
ひとまず並べてみます
午前10時35分ごろ撮影開始。
   ・・・・・時刻など記録を残せない私です。
a0064422_23103478.jpg
a0064422_23112097.jpg
a0064422_23115297.jpg
a0064422_23124531.jpg
木漏れ日が何となく欠け太陽に見える野を思い出して写しました。
三日月(日蝕)が見えます。
友人によれば
1948年(昭和23年)5月9日、
1950年(昭和25年)9月12日、1953年(昭和28年)2月14日だったそうです。
それぞれ我々が小学校4年、中学校1年、中学校3年の時・・・・・だったと。
ガラスに蝋燭の煤をつけて観測したのはこの頃だったようです。
・・・・日蝕を見た経験です。
次回は26年先99歳・・・。


a0064422_23132140.jpg
a0064422_23144048.jpg
繊月を思わせるこのころが一番翳って暗くなって感じました。
風が吹いて肌寒くなって。


しばらく20分ぐらい厚い雲に覆われて・・・・・


宝島・悪石島は曇り・雨・・・雷雨となって観察できないと・・・・・ニュース




雲が切れて晴れ間の太陽は写せません。日食は終わっていました。

12時30分。



撮影場所・・・・・鹿児島県出水郡長島町・・・・・工房で。



ひとまず未整理のまま画像を送ります。



私の日食の記録です。
by kanmyougama | 2009-07-22 23:15 | 自然

NO・324 雑草とのたたかい・・共存・・・・・


ゴマ・サツマイモ・・かぼちゃ・スイカ・・・・・・・・
ホウレンソウ・チンゲンサイ・枝豆・ツルナシエンドウ・落花生・・・・
山芋・サトイモ・・・・・
トマト・ピーマン・シシトウ キュウリ・・・・・
     エーとまだあります。
ヘチマ・マクワウリ・それにニガウリ・・・・・。

八百屋さんの店先ではありません。

わたしの有機・無農薬の菜園です。


a0064422_18302965.jpg
雑草だけに見えますが・手前から・・・・ツルナシエンドウ・ゴマ・サトイモ・オクラ・・・アミはやまいも・その裏が落花生・・・・・・・・・、
草の中カボチャ・奥に向かって枝豆・ゴマ・サツマイモ・・・・雑草と一緒に伸びています。
a0064422_19295223.jpg
手をつけてやらねばならないつ蔓もの、自前で立って居れなくされてしまった野菜類に手や網を貸します。本来は不要なのでしょうが・・・・


梅雨は雑草が茂る時期、
私にとっては雑草との戦いの季節、

まだまだ雑草との共存はうまくいきません。



それでも収穫はそこそこあって楽しみです。

a0064422_1318457.jpg





陶芸製作も大事ですがこちらも手抜きができません。
by kanmyougama | 2009-06-30 13:18 | 自然

NO・322  青の熊竹蘭(アオノクマタケラン)


梅雨に入ると
農家の庭先や
里山の杉の木立の根元などに
この花が咲く。
花の時期には飾るというでもなく目立たない。
a0064422_1354863.jpg

a0064422_1361898.jpg
a0064422_1364960.jpg
秋には丸い実を房状につけ、緑のタマは黄色に、そして赤い実に成る。
秋の赤い実は目立つ。
いけばなの材料として店先にも並ぶ。

正月のころまで生け花に重宝されている。


赤い実は「サネン花、月桃、」
と教えてもらった。

・・・・・・・・・ここあたりでもサネン花で通つているようだ。

・・・・・・・そう思い込んでいましたので、



・・・・・・・赤い実は拙ブログNO・261・NO 285 で「サネン花」として紹介していました。


___________



植物図鑑・WEBで調べてみると、、この花や赤い実はサネンバナではないことに気づきました。



アオノクマタケラン
学名:Alpinia intermedia  ハナミョウガ(花茗荷 Alpinia japonica)の一種
 花期:夏
 湿った林下に生える多年草です。
 日本の暖地(伊豆半島,紀伊半島,九州,四国,沖縄)から台湾に分布します。
 種子は伊豆縮砂(いずしゅくしゃ)と呼び,薬用にするそうです。

 

_____________________

サネンバナ・・・・・ゲットウ(月桃)学名:Alpinia zerumbet
 ショウガ科:ゲットウ属の植物。


この2つは別種でした。




作品のモチーフとして・・・・・・
a0064422_14192054.jpg

アオノクマタケランをモチーフに・・・・・                                       陶器・大皿の部分

More・・・・・「練り上げ手」の作品・・・・
by kanmyougama | 2009-06-23 09:24 | 自然

NO・321   今日も快晴





今朝の朝陽です。
a0064422_11102372.jpg
a0064422_1111362.jpg
a0064422_11114669.jpg

朝から26度もあります。
梅雨明け宣言の後一日だけ雨でした。

今日も快晴です。

野菜は水不足です。
一週間前に植えたサツマイモはどうにか活着してきました。
新しい葉が出てきました。
昨日もサツマイモを植えました。
雨を期待して・・・・、
a0064422_11124348.jpg
a0064422_1114489.jpg



今朝奥様は「鰤の出荷」の加勢です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0064422_11375460.jpg

                                      玄関に映った島々
一番目の大鉢・・・天日での乾燥に入りました。
いまのところ順調、練り上げの模様は消えて
白い粘土の色になっています。

二枚目、三枚目と続くといいですが・・・。
by kanmyougama | 2009-06-20 11:24 | 自然

NO・319  トワイライト

a0064422_6183951.jpg




昨夕の日没前の「八代海の島々」はきれいでした。
デジタルカメラを「トワイライト」《夕陽を写す》
に設定しました。


a0064422_6194546.jpg


眼に映った夕陽より赤く写っていました。
夕陽の写し方難しいと思いました。





トワイライト(twilight)・・・WEBで調べたら・・・、
____日の出前や日没後の薄明かりのこと____。

      日の出前も日没後の薄明かりもトワイライトなのです・・・



この言葉列車・バス・楽曲・番組などの名称に使われているのですね。

トワイライト・ゾーン
トワイライトゾーン/超次元の体験
東日本旅客鉄道(JR東日本)で導入されている発車メロディ
名古屋市営地下鉄名港線では2007年3月18日まで接近メロディーとして使用されていた
トワイライトエクスプレスは西日本旅客鉄道(JR西日本)の寝台特急
トワイライト神戸号は高速バス
トワイライト -夕暮れ便り-は中森明菜の楽曲
トワイライトはELO (エレクトリック・ライト・オーケストラ)の楽曲
トワイライトはGOING UNDER GROUND(ゴーイング・アンダー・グラウンド)の楽曲
悲しみトワイライトはモーニング娘。の楽曲。
街角トワイライトはシャネルズの楽曲。
Twilight Expressは前田ちあき(佐倉楓子)の楽曲
トワイライトは重松清の小説

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・
トワイライトはステファニー・メイヤー著、小原亜美訳、ゴツボ×リュウジ絵の小説。
トワイライト〜初恋〜 - 上記を原作とした2008年公開の映画。



僕の作品の名前にも「トワイライト」とつけようかな、
どんなイメージがわいてくるだろう・・・・・
by kanmyougama | 2009-06-15 06:20 | 自然

NO・318  生態系を壊す




黄色いきれいな花です。
いつかも群生を掲載しました。


農家の庭に
道路の路片に元気な花を咲かせています。
猛烈な勢いで繁茂します。

a0064422_1429459.jpg

今年は一株我が家の庭にも植えようとひそかに思っています。




ところでこの花についての《おふれ書き》(公的な文書)が行政から出ました。
文書が手元に無いのですが、概要は・・・・

___この花
___庭に植えたり、路片に植えることをやめましょう。____
___できたらこの花は刈り取りましょう。

___植物の生態系を破壊する恐れがあります。____



庭に移植するのはやめにしました。

 

生態系(Ecosystem) とは
生物と、生物を取り巻くそれ以外の環境が相互に関係しあって、生命(エネルギー)の循環をつくりだしているシステムを、生態系と呼ぶ。地球のような巨大空間や、森林、草原、湿原、湖、河川など、その規模はさまざまだ。たとえば、森林生態系では、森林に生活する植物、昆虫、脊髄動物、土壌動物などあらゆる生物と、水、空気、土壌などの非生物が相互に作用しあって、生命の循環をつくりだすシステムが保たれている。このような生態系に、気温の変化、外来生物の侵入などの環境異変が起こると、乱れが生じる。近年、生態系の乱れや破綻の危機が広がっている。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



練りこみ製作はいまのところ順調です。

a0064422_14422227.jpg
雌型にはめて縁つくりしました。
a0064422_15195668.jpg

鉢の内側に細い針金をさしていますが・・・器の厚みを示すためです。
削って針金に触れたらおおむねいい厚さ・・・というしるしです。


ラップは鉢の縁の急激な乾燥を防ぐためです。
a0064422_14425331.jpg
a0064422_14431222.jpg
高台をつけて鉢の厚みを適した厚みにまで削りました。
これから室で徐々に乾燥です。
乾燥が一番難しいです。
by kanmyougama | 2009-06-11 14:52 | 自然

NO・317   バンジロウの花


最近のことです。
kaguyawing(6月3日)さんtamayam 2さん(6月6日)のブログで、
フェイジョァをUPされています。
【フェイジョア】 (フトモモ科Feijoa selloiana )
裏側がまっ白な花弁、長いシベが吹き出しているやや大ぶりな花。
果実は、レモンほどの大きさで、中の種とともに食べる。
ズルっとしたジェリー状で酸っぱい。アイスクリームのトッピング
などに使われる。


みていて・・・・「実がすっぱくおいしい果物の木」・・・・・・・の記憶が脳裡を掠めました。


そうです。
バンジロウでした。

同じ科___フトモモ科なのです。
色は違いますが花もどことなく似ています。


我が家のバンジロウに花がついていました。
白い花です。
黄色の実の木、赤紫の実になる木とあります。
今年も期待できそうです。

バンジロウ
カリブ海沿岸、中央アメリカ、南アメリカ北部、東南アジアなどに自生する。
和名はバンジロウ。蕃石榴(バンザクロまたはバンセキリュウ)ということもある。
沖縄地方の方言ではバンシルー(沖縄本島)、バンチキロー(宮古)、バンチュル(八重山)、
また台湾では芭樂(バラー)と呼ばれる。




a0064422_114285.jpg





最近はグアバという呼び方も出ています。
by kanmyougama | 2009-06-08 12:28 | 自然