NO・322  青の熊竹蘭(アオノクマタケラン)


梅雨に入ると
農家の庭先や
里山の杉の木立の根元などに
この花が咲く。
花の時期には飾るというでもなく目立たない。
a0064422_1354863.jpg

a0064422_1361898.jpg
a0064422_1364960.jpg
秋には丸い実を房状につけ、緑のタマは黄色に、そして赤い実に成る。
秋の赤い実は目立つ。
いけばなの材料として店先にも並ぶ。

正月のころまで生け花に重宝されている。


赤い実は「サネン花、月桃、」
と教えてもらった。

・・・・・・・・・ここあたりでもサネン花で通つているようだ。

・・・・・・・そう思い込んでいましたので、



・・・・・・・赤い実は拙ブログNO・261・NO 285 で「サネン花」として紹介していました。


___________



植物図鑑・WEBで調べてみると、、この花や赤い実はサネンバナではないことに気づきました。



アオノクマタケラン
学名:Alpinia intermedia  ハナミョウガ(花茗荷 Alpinia japonica)の一種
 花期:夏
 湿った林下に生える多年草です。
 日本の暖地(伊豆半島,紀伊半島,九州,四国,沖縄)から台湾に分布します。
 種子は伊豆縮砂(いずしゅくしゃ)と呼び,薬用にするそうです。

 

_____________________

サネンバナ・・・・・ゲットウ(月桃)学名:Alpinia zerumbet
 ショウガ科:ゲットウ属の植物。


この2つは別種でした。




作品のモチーフとして・・・・・・
a0064422_14192054.jpg

アオノクマタケランをモチーフに・・・・・                                       陶器・大皿の部分








nonacafe さんが・・・・・「この意匠」↑の作品を覚えていてくださったのでもうひとつ。
a0064422_557495.jpg


第101回九州山口陶磁展に出品した「絞胎大鉢」
一連の作品です。
by kanmyougama | 2009-06-23 09:24 | 自然
<< NO・323 松井康成先生をしのぶ会 NO・321   今日も快晴 >>