NO・317   バンジロウの花


最近のことです。
kaguyawing(6月3日)さんtamayam 2さん(6月6日)のブログで、
フェイジョァをUPされています。
【フェイジョア】 (フトモモ科Feijoa selloiana )
裏側がまっ白な花弁、長いシベが吹き出しているやや大ぶりな花。
果実は、レモンほどの大きさで、中の種とともに食べる。
ズルっとしたジェリー状で酸っぱい。アイスクリームのトッピング
などに使われる。


みていて・・・・「実がすっぱくおいしい果物の木」・・・・・・・の記憶が脳裡を掠めました。


そうです。
バンジロウでした。

同じ科___フトモモ科なのです。
色は違いますが花もどことなく似ています。


我が家のバンジロウに花がついていました。
白い花です。
黄色の実の木、赤紫の実になる木とあります。
今年も期待できそうです。

バンジロウ
カリブ海沿岸、中央アメリカ、南アメリカ北部、東南アジアなどに自生する。
和名はバンジロウ。蕃石榴(バンザクロまたはバンセキリュウ)ということもある。
沖縄地方の方言ではバンシルー(沖縄本島)、バンチキロー(宮古)、バンチュル(八重山)、
また台湾では芭樂(バラー)と呼ばれる。




a0064422_114285.jpg





最近はグアバという呼び方も出ています。
by kanmyougama | 2009-06-08 12:28 | 自然
<< NO・318  生態系を壊す NO,316    謎の海丘群 >>