NO・261  サネンバナも真っ赤に

9月28日の初飛来以降、少数の渡来を確認しておりましたが、
11月1日現在5000羽以上の渡来を確認しています。

10月28日までは450羽でしたが、
29日朝には5000羽以上のツルを確認しました。
28日の夕方から夜中にかけて渡ってきたようです。

☆11月1日現在の羽数   5000羽以上
   マナヅル   約200羽
   ナベヅル   約5000羽
   クロヅル   3羽
   カナダヅル  1羽




早いですね今日は11月1日。
朝気温13℃、肌寒いです。
秋も深まってきました。

前の掲載しました青いサネンバナの実
が真っ赤に色付きました。
a0064422_167832.jpg
a0064422_1674462.jpg

和名 げっとう
沖縄名 サンニン(沖縄本島)、サネン(奄美地方)、ソウカ(大東島、八丈島)
学名 Alpinia zerumbet (Alpinia speciosa) Alpinia uraiensis
科名 ショウガ科

奄美の「島唄」にも歌われてポピュラー。





<郷土作家展>に出かける前には見られなかった石蕗の花が咲いていました。
a0064422_16235090.jpg

a0064422_16242746.jpg





「雑草」の花はいつの間にか実に。
服に付くと深く食い込んできて取れなくなります。
名前はなんと言いますか・・・・?
a0064422_16265645.jpg



a0064422_16273294.jpg
紫式部
       いややさしむらさきしきぶをおりもてば    山口青邨

a0064422_16313225.jpg
蔦が紅葉しています。
ここで紅葉しているのは蔦・櫨・サクラ・・・・。
      石門の蔦紅葉してぶら下がる      寺田寅彦
 

a0064422_22143642.jpg
a0064422_2215118.jpg


ムカゴ取りもこの季節の楽しみ。
傘を広げ釣り竿で夢中になってムカゴをとっている姿どんなに見えるでしょうか
ムカゴご飯にしたり炒って塩おまぶし酒の肴に、美味しいです。
      ほろほろとぬかごこぼるる垣根かな     正岡子規


a0064422_1629434.jpgドングリ















ブログの設定ミスでコメントが入らなくなっていました。
ご迷惑をおかけしました。
これからもどうぞよろしく。


by kanmyougama | 2008-11-01 16:33 | 自然
<< NO・263    農作業も本... NO・297  鶴の渡り情報・・・2 >>