NO・294  東シナ海へ夕日 / 製作




昨日、東シナ海に沈む夕日を見に出かけた。
これまでは天草島に沈んでいた。
このスポットは「夕日のきれいな岬」「茜の海」
で知られている。


a0064422_15254076.jpg
a0064422_15262947.jpg


a0064422_152658100.jpg



昨夜は陰暦九月十五夜の満月、
明け方の西の空に黄色く輝いていた。





今日も晴天、こんな日には高気圧が張り出して朝鮮半島からの鶴の渡りに格好のはず。
でもその後渡りの情報はない。








グループ展の作品はどうにかできた。



「タタラの角皿」(まったいらな四角いお皿)の注文を受けた・・・・、絵は「鉄絵銅彩」・・・・モチーフはお任せ。

主の要望は
・・・平べったいこと。
・・・まわりのそりは少々あってもいい。
・・・軽いこと。
・・・・・・

さてと、
製作に入り、ひと周りラップして乾燥室に、二週間してラップをはずしたら・・・
・・・・・・乾くにしたがって四隅は反りあがる。

残りはラップしたまま再度室に。





a0064422_15562420.jpg




















a0064422_155771.jpg





さてどうやって平たい皿を作るか・・・・裏のそぎをいれずに出来ないものか・・・

思案中。











どなたかいい知恵貸してください。

            タタラ皿     40×40×1・2cm
by kanmyougama | 2008-10-15 15:27 | 自然
<< NO・295 いよいよ搬入 NO・293 還元ひと窯 >>