NO・285  台風の季節




毎年のことですが、
この時期台風の襲来を気遣います。
どんな強さ・大きさでどのコースを取ってくるかで心配事野度合いもます。


気象庁の台風予想、アメリカ海軍の情報を分析します。
漁業者は後の情報を信憑性がるとみています。
今回も台風が中国よりに動いているとき、すでに今の様子を予報していたようです。
a0064422_8324167.jpg
a0064422_833208.jpg
今朝の工房からの景色です。
特に変わりはないですが、雲の動きが不気味です・・・・台風前の静けさ。

台風がどのコースを通るか判断するひとつに、八代海に避難してくる船舶があるかを見ます。
今回も避難が始まっています。



多くの船舶が避難してきますと、九州の東シナ海へのコースの確率は低いとみます。

今のところ種子島・屋久島を過ぎて太平洋側に進路が向いている野ではないか・・・。





気象庁の予報では、
    「薩摩半島の一部・大隈半島・宮崎への上陸、今夕刻。」と報じています。





いつものように植物をひとつ。

「サネンバナ」の実
晩秋には真っ赤になりますが,今のところはまだ青い。
a0064422_934337.jpg

a0064422_943197.jpg



「サネンバナ」(月桃)は沖縄・奄美大島の花。
ランみたいな房状の花。秋には赤い実に。葉は香がよく、団子を包んで料理に使う。
画像は工房周辺で採取。
亜種だと思います。

和名・学名。
和名 げっとう
沖縄名 サンニン(沖縄本島)、サネン(奄美地方)、ソウカ(大東島、八丈島)
学名 Alpinia zerumbet (Alpinia speciosa) Alpinia uraiensis
科名 ショウガ科



奄美の「島唄」にも歌われてポピュラー。
by kanmyougama | 2008-09-18 08:42 | 自然
<< NO・286  秋雨前線 NO.284 中秋の名月 >>