NO・238  工房でのこと


工房のベランダです。
洗濯物干しがあったのを忘れていました。
様になりませんね・・・・。

a0064422_19353335.jpg


酒器を逆さにしたようなこの器は何だと思いますか・・・。

逆さにしておいてあります。
全体が酒器を大きくしたような形で、注ぎ口もほどよく、
肌は灰被りのように見えます・・・・・。

金山の精錬に使われていました。
鉱石を溶かしてこの器に注ぎ運んだ坩堝(るつぼ)です。

金山が廃鉱になったのを機会に
工房に届きました。








話は変わりますが
ベランダに出ますと、
a0064422_20562882.jpg

慌しく小鳥が飛びかいます。

野鳥がこの坩堝を見つけて
巣造りを始めたようです。
a0064422_212235.jpg

a0064422_214376.jpg

a0064422_2057969.jpg

慌しく飛び交うのは警戒をしている相棒の小鳥でした。
シジュウカラのようですが♂♀はわかりません。


しばらくベランダに出たりするのを避けてシジュウカラを見守ることにしました。
by kanmyougama | 2008-04-15 19:37 | 思いつくままに・
<< 個展のお知らせ NO・237 珍しい椿と個展のこと >>