NO・232 急遽奄美へ

22・23日
昨年まで授業に出かけていた高校の仲間の皆さんの旅行に参加することにしていましたがが、
別に急用ができて奄美大島(奄美市)に行ってきました。
いそいで出かけたために「田中一村記念美術館」
「奄美紬の里」も訪ねるることもできませんでした。<お見せできそうな画像がありませんが、途中いくらか撮りましたので送ります。


鹿児島空港から45分で奄美空港。
飛んでみると近いです。これはのんびりした農村風景ですが、
島は海から山がそそり立って、沖合いには白波の打ち寄せる珊瑚礁が取り巻いていて印象的でした。
a0064422_9403698.jpg




亜熱帯・熱帯植物シダ類がかなり目立ちました。奄美独特の植物が多いと感じました。
a0064422_944356.jpg
a0064422_1031921.jpg
「田中一村」の日本画に出てくるアダンでしょうか
(奄美空港の駐車場で)



名瀬港ですが、高い柱か竿を立てた船が変わってみえましたので漁業組合の前で一枚。

高い建造物が目だって結構大きな活気のある港。

画像に残してしていませんが、町並みを見下ろすように、客船「日本丸」はじめ豪華船が停泊していました。
a0064422_958485.jpg
a0064422_944149.jpg


奄美大島撮影日記・・・・・・・・奄美で自然をとり続けている興 克樹さんを紹介します。












「六角器」焼きあがりました。
ちょっと色が強すぎました。
色の配置文様のデザインに不満が残りました。

次回はこれらを工夫して、渋くあげる工夫をして見ます。
これからが製作本番です。


先ずは、
一つ目の作品・・・・・「炎の渦巻くような・・・・・」。
a0064422_22391426.jpg



二つ目・・・・・・・「逆巻く怒涛」・・・もしくは「絵巻のような・・・」
a0064422_22394320.jpg



a0064422_22413127.jpg
a0064422_13191810.jpg

by kanmyougama | 2008-03-24 09:49 | 思いつくままに・
<< NO・233 薩摩葵の花 NO・231 襲名披露落語鑑賞 >>