NO・231 襲名披露落語鑑賞

昨日は落語鑑賞。



会場までの道すから、チャペルでの結婚式に出会いました。チョッと失敬して一枚。
a0064422_10104893.jpg
a0064422_10163017.jpg




_________


木久蔵改メ 初代林屋木久扇  ・  きくお改メ 二代目木久蔵
特選落語名人会・・・・春風亭小朝・桂竹丸・柳家花緑の口上・・・・・・

<笑天>おなじみの面々でした。

美味しくない・・??<木久蔵>ラーメンが飛ぶように売れていました。

a0064422_9541514.jpg
(画像はチラシから)
a0064422_10335628.jpg

                                      ・・・・・画像は左右回転・・・・

よく笑いましたけど・・・終わってしまうと断片的にしか頭に残ってなくて・・・・。

      <演目>がなく、<テーマ>もなく・・・。
          ・・・・・。

      僕の脳みその老化が進んだのかナ・・・。


いぜん桂文珍の落語__「地獄八景亡者の戯れ」____を聴きましたが、
おもしろく 可笑しく  ぐっと来て 唸ってしまいました。

   それは隅々まで記憶に残っていたように思ったのですが・・・・。




いずれにせよ・・・落語(古典・創作)は大事にしたいジャンルだと認識しています。ほんの入り口にもいたっていませんので口はばったいですが。






22・23日留守します。コメントは帰ってからいたします。
by kanmyougama | 2008-03-21 09:55 | 日本の伝統文化
<< NO・232 急遽奄美へ NO・230 「早蕨の萌えいず... >>