NO・230 「早蕨の萌えいずる・・・・・」ころ

石ばしる垂水の上の早蕨の萌えいずる春になりにけるかも・・・・・・
頭の隅っこに記憶している歌・・・志貴皇子の歌
万葉歌。


古い話ですが中学時代の卒業文集の名前が「さわらび」でした。
いつまで続いたのか。



a0064422_10534193.jpg
a0064422_105425.jpg

工房の草むらの陽だまりに蕨が芽吹いています。
はしりです。
草刈りをしたせいでしょうか細身です。


a0064422_10544460.jpg

小さい菜園のミズナ、気がついたら花になっていました。



a0064422_10552546.jpg

ムスカリの花今年も咲いてくれました。









a0064422_12154192.jpg
a0064422_12161722.jpg






作る分は楽しんでやっているのですが・・・・

なんと名前をつけようか「絞胎器・・・・」
いろいろイメージ膨らませてせています。
by kanmyougama | 2008-03-17 11:04 | 自然
<< NO・231 襲名披露落語鑑賞 NO・228 啓蟄 >>