NO・196 久しぶりに陶芸のこと


《ながしま造形美術展》の進捗をみながら、
     僕も器を挽いて削って乾かして窯つめしています。


   スープカップとソーサーと急須・湯呑みの形を工夫したり、
a0064422_10426100.jpg


「これにどんな絵をつけようか・・・」

「秋にはどうしても秋の植物がモチーフになるナ。・・・」(ツブヤキ・・・・)


a0064422_9552127.jpg

a0064422_9583771.jpg
a0064422_9595936.jpg
鉄絵銅彩にしようか、↑
a0064422_1002591.jpg
a0064422_1011727.jpg
「抜き絵釉彩」にしようか・・・・。



そんなことを考えながら窯詰めしています。
by kanmyougama | 2007-10-30 10:05 | わたしの仕事
<< NO・197 第62回南日本美術展 NO・195「鰤王」の料理も・・・・ >>