NO・152 2泊3日四国の旅・・・・(2)・・・・・歌舞伎大芝居小屋「金丸座」


6月16から17日
「金比羅さん」本宮に参拝して下りは途中から参道裏道に入り、
日本最古の歌舞伎座「金丸座」へ。
  (実を言いますと「お遍路」88箇所札所が近くにないかと散策中に、この「金丸座」に行き着きました・・・・16日下見。時間外で見学入館できませんでした。)


一先ず外観を。
a0064422_754213.jpg
正面
a0064422_7553098.jpg
a0064422_7572311.jpg
後ろ
      人気のない静かな佇まいですが・・・・
       この道・・・・「金比羅さん」の裏参道


17日「金比羅さん」参拝のあと途中から裏参道を「金丸座」へ。




公演中でなかったので「金丸座」を見学・・・・・・
   係りの方が説明してくれました・・・・その順に・・・・・・

a0064422_8185793.jpg←障子の下の空間は一般参観者入場口「鼠木戸」・・・腰をかがめて 「どっこいしょ」・・・受付に殺到しないように一人ずつ。
かっては三箇所入り口があって、身分の高い方・高貴の方となっていた・・・・↓奥の障子はその入り口・・・・今は使っていない。


a0064422_821680.jpg
←真剣に聞いてます。









会場に入って↓「鳥屋」からの・舞台・・升席・・屋号の入った提灯・・・・・天井の「ぶどう棚」・・・・・
a0064422_994895.jpg


舞台に上がって枡席を見る↓ 平成15年度に復元の天井「ぶどう棚」(黒子が紙ふぶき・花吹雪を客席にまく)・後ろのはしご(天井への上り口)・花道の上の二本の渡し(宙乗りのための掛け筋にぶら下がった二本の紐で宙乗りに)・・・鳥のマークの暖簾は鳥屋(役者が花道に出てくる場所(ととととっと・・・・見得を切って舞台へ・主賓に向かって大見得をきる)。一階奥の座敷「青田組」(・・・売れない座敷の意味・・昔はここから検閲していた・・)・・・・・・・
a0064422_9222437.jpg



奈落の底のご案内・・・・・・舞台下・・・廻り舞台のからくり(人力4人でまわす)・「空井戸↓」出口の入り口?(役者が舞台への上り口)・・・・・・
a0064422_9581298.jpg
a0064422_1023712.jpg

ここから上がって「鳥屋」・そして「花道」へ。・・・・・・華やかな「歌舞伎」の見えない側面・・・。a0064422_10244781.jpg
a0064422_10254537.jpg




貴賓席・楽屋・・・・・床屋・・・・・・・厠・・・・お風呂・・・・・・省略。
そうそう・・・照明は蝋燭と障子の明かり。だから昼間に2回夜の興行はなかった。



現在23回。・・・・・・これは第十五回の額
a0064422_1034299.jpg


23回のスナップ一枚(会場でコピー)
a0064422_1040306.jpg




「歌舞伎」の知識がないのでたぶん用語に間違いがあります御容赦を。
by kanmyougama | 2007-06-21 08:01 | 旅行など・・
<< NO・153 四国の旅・・・・... NO・151  2泊3日四国の... >>