NO・133  撹胎壺・鉢が焼きあがりました

NO・127「素焼して研いた」撹胎作品が焼きあがりました。

撹胎壺は「花の作品」ですのでなんと名前をつけたものかと思案中です。
a0064422_1851565.jpg





a0064422_19233057.jpg

                   撹胎「花は風に吹かれて」  径33×径33×高さ33  口径10

花の背景をアオゴスとトルコブルーで処理まました。↑
花はできるだけ自然のなかの花でなく、イメージとしての花(抽象の花)にしたいと思いました。


a0064422_13273816.jpg





花紋の背景を,・・・・<空・奥行きのある自然空間>・・・・・として表現してみました。

  撹胎「花・・・・・・」  径34×34×34 口径10


















a0064422_13304923.jpg



撹胎鉢は花紋と縁取りなどいまひとつまとまりがでませんでした。a0064422_1416395.jpg
by kanmyougama | 2007-03-17 13:32 | 作品
<< NO・134 今日は一休み NO・132 南薩摩の旅 >>