NO・126 マナズルの北帰行

昨日・今日とマナズルの北帰行が確認されました。

____今日がマナヅルのピークではないかと思い、10時前から
11時頃まで荒崎にいました。
今日は場所を替えて、野口に行く途中の田んぼで見送りま
した。
帰りに観察センターに行って見たら、マナヅルの数は半分
ほどになっていました。   ( N君の情報 )


次の画像は工房から写したもの、行人岳頂上付近を渡っていく様子です。
僕のデジカメの限界です。
    (画像をクリックしますともう少し大きく見えます。)

a0064422_1935740.jpg
鉤になり
a0064422_1942226.jpg
竿になり
a0064422_1945048.jpg
a0064422_1951884.jpg
鍵になり・・・・
青い空に消えました。



行人岳からだともっと大きく取れそうですが・・・。
今日はキットたくさんのカメラの砲列がならんだことでしょう。
  ↓13日・工房上空の渡り 



13日・今日の渡り

予ねてになく珍しく工房の上空を渡りました。

a0064422_2042795.jpg
上空で気流を探る家族・・・先頭が父親。
a0064422_2043519.jpg

二家族。
a0064422_20445270.jpg



気流にのり編隊を組んで空高く上がっていくマナズル。
2羽・3羽・4羽と夫婦や家族が合流していく様子がわかります。
1000メートル上空を渡ります。
(クリックして画像を大きくしてみてくださ)
by kanmyougama | 2007-02-12 19:17 | 鶴の情報
<< NO・127 撹胎・・・素焼を... NO・125 撹胎の仕事・・・... >>