NO・123 職員作品出来上がり・・・・

職員作品が焼きあがりました。
信楽の赤土と残り少ない釉薬で仕上げたものです。
職員作は酒器・花器・カップ・皿・・・・・・・・。
a0064422_21244569.jpg
a0064422_21252288.jpg
a0064422_21261697.jpg



この作品で<一杯やる>ことになり・・・・・、
皆自作を持ち寄って≪乾杯≫しました。
おいしいお酒でした。






2月を迎えます。・・・。 
生徒は出校日だけ。


3月1日最後の卒業式。
卒業式には職員と地域の方で「べートーヴエンの第九」を歌うことになっています。
3月2日閉校式・・。





工房の窯・道具・轆轤・・・近くの県立高等学校に引き取られていきます。
by kanmyougama | 2007-01-31 21:32 | わたしの仕事
<< NO・124 ツルの「北帰行」の時期 NO・ 122  練り上げ製作 >>