NO.53 鉄絵銅彩の展開・・・・ 1


「鉄絵銅彩」で陶箱や急須、コーヒー・カップ 、皿など焼きました。
野葡萄・ムベをモチーフにしました。
a0064422_9511959.jpg



        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0064422_955233.jpg
honey 8787さんのキャセロール(パンキャセロール)にも挑戦しました。↑

                 honey8787さんのパンのレシピを調べて焼いてみます。
                 葡萄パンにも挑戦します。             
                 honey 8787さんパン焼レシピとノウハウを教えてください。





「鉄絵銅彩」の作品(試作)いくつか・・・・・・・
a0064422_10221017.jpg
焼き締めの土味を出してみました。鞘で薄い炭化をかけています。↑
これもやってみたい技法。
a0064422_1136777.jpg

a0064422_1755953.jpg抜き絵・鉄絵銅彩・炭化の方向を探って。↑




 
















a0064422_10162371.jpg

鉄絵銅彩も____胎土(生地の土)・化粧(白化粧やいろんな顔料)・透明釉の違いでも発色・表情が違ってきます。↑



                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


             これを基礎に中皿・大皿・鉢に取り組んでいきます。
             マスキングにするか、筆書きにするかも課題です。

             還元焼成ですので、鉄分が噴出しどうしても発色の
             鮮度(彩度)が落ちます。
             また、ほしい白もどうしても汚れます。
             ここいら課題を克服してイメージした作品にしたいです。



                 訪ねてくださった皆さんの経験・知恵を貸してください。
by kanmyougama | 2006-04-17 09:16 | わたしの仕事
<< NO. 54  一足先に...    NO.52  第41回西... >>