工房と「クビナガ竜」

水仙が咲いています。満開です。
建物は工房です。ガラス窓の奥は轆轤の部屋。
a0064422_12534736.jpg
陶芸はじめて20数年。ここに轆轤を据えて11年になります。
製作して一杯広げて、整理整頓掃除して、またいつの間にか所狭しと物が並びます。
いつもこの繰り返しです。
恥を忍んで公開・・・。
a0064422_12594751.jpg

a0064422_1393811.jpg
これで半分です。ここまで。



この島で最近の話題を一つ。
「クビナガ竜」の化石が出たこと。今回は「下顎と歯」。「頭から尻尾」まで出る確率が高いと期待されています。
a0064422_1756424.jpg
これは私の絵。油彩・アクリル。   F3  「朝もやの本浦港」
この絵の上部の島が「クビナガ竜」の出たところ、獅子島弊串。

かって工房のここらの海も「クビナガ竜」がすんでいて・・・・・いろいろ想像しながら製作しています。
a0064422_13271974.jpg

      
               「夕なずむ島々」SF. 
by kanmyougama | 2006-01-31 13:38 | 思いつくままに・
<<   「鶴の北帰行」が始まる・・... 季節はずれの海水浴場 >>