NO.607   半夏生



暦では24節句の一つ_____半夏生
7月2日頃(2012年は7月1日)。
太陽黄径100度。
夏至から数えて11日目頃。

a0064422_9325870.jpg
イシガケチョウ(石崖蝶)
別名:イシガキチョウ(石垣蝶)
学名:Cyrestis thyodamas  鱗翅目タテハチョウ科 
-------------------------------
梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)などが生える多湿で不順な頃、
農家の人達はこの日までに田植えをはじめしかるべき農作業を済ませるという習慣、
ここを怠るとその年の作物の収穫は激減する・・・といわれている。



半夏生までに田植えを済ませた農家では、この日の天候で稲作のできを占習慣もある。

a0064422_9202345.jpg
カラスビシャク(烏柄杓、学名:Pinellia ternata)とは、サトイモ科の植物の一種。

ちなみに半夏(カラスビシャク)は毒草であり生薬でもある。見るからに馴染みにくい植物。


地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、この時期に農作業をしないようにという戒めになっているところもある


地域によっては、タコを食べる習慣があります。




a0064422_94487.jpg
昨日は雨でした。落花生の畑が雑草で覆い尽くされていて、ぬれながら除草しました。
これでひとまず落花生の収穫は保障されるかもしれない。

a0064422_9543122.jpg

無農薬・無化学肥料の僕の野良仕事でも半夏の意味をつくづく実感している
黒豆はどうにか雑草をしのいできているが
これも除草した方がいいだろう。



結実して40日ぐらい
カボチャも収穫できました


a0064422_10101182.jpg




常温になったら素焼きの窯出しをします。
練りこみの作品が入っています。


磨き・釉付けの仕事に入ります。
by kanmyougama | 2012-07-01 08:55 | 思いつくままに・
<< NO・608  今日から晴れ NO・606  絞胎と撹胎 >>