NO・605  台風5号熱帯性低気圧に

台風5号の進路予想を見ていたら、
____南九州・鹿児島薩摩半島を直撃する最悪のコース_____。
a0064422_1472470.jpg


慌てて40キロ離れた自宅に帰り戸締りして台風に備えることにしました。

昨日のこと。







a0064422_1412277.jpg
工房に入って19年が経過しますが振り返って見るとその間数回強い台風の被害を受けました。
工房の屋根が飛ばされて長い期間青いシートをかぶせたままの生活を余儀なくされた。
気がついたら白い粉雪が舞う季節になっていて、
後になって思えばそういう不自然な生活でも
工房にいた精神状態を不思議に
思っている。


「八代海の島々」の一番近い島伊唐島を結ぶ大橋は
風速60メートルでも大丈夫という鳴り物入りの橋、
工房が大被害を受けたとき大橋の吊りワイヤーが数本切れて
長期にわたり不通になった。
60メートルを超えた台風ということになる。

ここ6年近く南九州に上陸した台風はない。
ボツボツ痛みを忘れそうな時期。




5号台風の予想進路は不気味に見える。
まさに中心を直撃。

a0064422_14143960.jpg工房の戸締り台風対策を進めているとき、
___5号は熱帯性低気圧の成り進路を北上400ミリの降水量を
発表。______



ひと安堵したものの
____台風が衰えて湿舌は大変な雨を運んで
被害を運ぶ。______


風の怖さはひとまづなくなっても400ミリ雨量を超える豪雨は思わぬ土砂崩壊を引き起こす。
家屋、田畑・人蓄の被害も計り知れない。





台風の怖さをつくづく思うことです。







a0064422_14461531.jpg











画像について・・・・


ヤマモモの実が赤く熟していました。
今年は実が小さいかな。
焼酎・ザラメ砂糖・実で果実酒にしました。

下の3枚、
前回前々回に掲載した練り込みの技法のひとつ、「撹胎」で作った
皿・湯のみ・小皿・・・。


ランダムに見える文様ですが
撹胎によるもので面白い。
by kanmyougama | 2012-06-21 14:15 | 思いつくままに・
<< NO・606  絞胎と撹胎 NO・604  台風4号・・続... >>