NO・602  入梅して,製作の続き・・・2

入梅宣言があって4~5日。
しっとりと雨が降りました。

今日はゴルフを計画していましたが幹事から中止延期の連絡が届きました。
予報と違って今日は終日薄曇ではないかと思うとチョット残念です。

a0064422_821127.jpg


工房から望む「八代海の島々」輪郭を残して霧に霞んでいます。







工房周辺の木々を紹介


a0064422_10323499.jpg工房の周りに野鳥が運んできたもの。
モミジ・タイサンボク・アカメガシワなど。
競って成長していたが今年あたりアカメガシワが頭をもたげ、
ハクサンボクは枝枯れし始めた。
光が足りないのだろう。















ハクサンボクの実
a0064422_9114818.jpg







「白山木」〈タイサンボク)と書きます。
ガマズミによく似ていてよく間違います。



本州の山口県以南、九州、琉球の海岸に生えているそうです。
これは1メートルちょっとでしたが、2~6メートルになるそうです。



葉は向かい合って付いており、常緑で光沢があります。
そして、上半部に鈍い波形のギザギザ。

NO・594で白い大きな塊の花を掲載しましたが、
いまはこんな黄緑の実、秋には真っ赤な実に。

スイカズラ科の植物です。




アカメガシワの花a0064422_9173269.jpg
 工房のアカメアガシワは野鳥がはこんだもの。 アカメガシワが陽樹であることや春の新葉の赤い木。
 そのアカメガシワの花が咲きました。 アカメガシワは、光さえあれば、どんどん生長するような木です、工房のスロープ脇に生えて10年足らずですがもう見上げる大きさになりました。花の時期はかなりいい加減なようです。 
 アカメガシワは雌雄異株でこれは雌株。 雌花は反り返ったガクとメシベだけ。雄花は反り返ったガクと多数のオシベだけというシンプルさです。
でも近くにはみあたりません。

花はよく見るとチョコボウにナッツかチーズをまぶしたような
風変わりな花です。











練り上げの製作。


高台をつけ厚みを削って・・・・・
a0064422_12151546.jpg

       奥の作品は高台をつけて厚さを削ったところ。
       手前の作品は2枚目の円盤の作品
       パーツを並べて密着して・・・・・


















a0064422_12413791.jpg
鉢の裏側ができたので裏返して器の内側を仕上げる。








それからユックリ乾燥。
乾燥もトラブルを起こしやすいのです。
by kanmyougama | 2012-06-08 08:18 | 思いつくままに・
<< NO・603 梅雨らしく NO・601  製作の続き・・・2 >>