NO・600 ブログ更新600回

ブログ更新600回。
2005年11月10日にはじめたブログです。
多くの方との出会いがありました。
皆さんに支えられて今日があるのだと
心から感謝しています。




a0064422_1042330.jpg

シモツケの花が咲ま出した。
赤い花白い花別々に咲き分けるのだ思っていたら
赤白マダラの花もあるのです。
掲載してよく見たらばったが止まっていました。

シモツケの葉と紛らわしい色彩なのです。

シモツケ検索してみました。
シモツケ(下野)は、小さな五弁花が散房花序に多数集まり半球状となったバラ目バラ科シモツケ属の耐寒性落葉低木です。花色は濃紅色~白色までの濃淡がありますが、通常はピンクの花が多くみられます(まるでご飯にふりかけるソボロのように見えます)。葉は卵型で互生します。和風の趣を持った花です。似た名前の

イブキシモツケ(伊吹下野)  コデマリ(小手毬)  シジミバナ(蜆花)  シモツケ(下野)  シモツケソウ(下野草)  シロバナシモツケ(白花下野)  ユキヤナギ(雪柳)  も仲間。

一般名:シモツケ(下野)
学名:Spiraea japonica
別名:キシモツケ(木下野)、Japanese Spirea
分類:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科シモツケ属
原産地:日本
樹高:30(矮性品種)~100cm 花色:濃紅・桃・白 花径:0.4~0.6cm  開花期:5~7月 葉身:3~8cm 葉幅:2~6cm







庭に雑草が生えて、除草剤はかけたくないし管理に困っていたら
a0064422_10582111.jpg
こんな花を植えて見るといいと教えてもいました。
今花が一杯咲て雑草を凌ぐ勢いです。
花の名前和忘れました。


















梅雨前の農作業は収穫あり作付けあり、加工ありと結構忙しいものです。
a0064422_11114185.jpg一年で収穫のラッキョウ、二年育てて収穫の花ラッキョウ〈姫ラッキョウ)、どちらも同じスターラインで
収穫だけ1年もの2年物と違えます。
画像のラッキョウは小指の大きさほどの2年もの。
一年物が大きく親指大。


加工は奥様にしてもらいますが、下こしらえて
塩つけ・酢つけ・昆布と塗した昆布つけ、作者の数ほどレシピがあるのではと思えるほどレシピあり、
自慢の作ができるようです・・・・。



しばらく練り上げ作っていませんが、目下色土つくりからパーツの準備。



a0064422_1331892.jpg
色土をそれぞれ5mmの厚さにしています。
重ねて叩いて2cmの厚さの板にします。
(数種類の色板を重ねて②cmの角柱を作ります。)


板の小口の縞模様が新しい色を作ります。













②ここでは3種類の色の角柱を準備します。a0064422_1342527.jpg
大雑把に赤・茶・青色の色角柱としましょう。
それぞれを菱形に切手組んでパーツをつくります。
このパーツが最小の単位です。















a0064422_13551.jpg
パーツが2列ずつ3組ありますが、それぞれ違った組み合わせの3組です。

このパーツを並べて作品にしますが、画像②の背景の5つの作品のように出来あがっていきます。

このパーツを組んで作る作品を僕なりに
「網代結い文〇〇〇」と名付けています。
「網代結い文」はオリジナルのつもり・・・・。









⑤「網代結い文〇〇」いろいろ
a0064422_14365838.jpg




さて今回はどんな文様を編み出そうか。
PCで作図が出来る方はすばらしい文様が
出てくるでしょが





僕の場合試行錯誤で思い当たるしかない・・・・。


                                      
by kanmyougama | 2012-05-29 14:04 | 思いつくままに・
<< NO・601  製作の続き・・・2 NO・599  一日遅れてご報告 >>