NO.588 うれしい出来事・・・

定点観測の「八代海の島々」ヤット霧が晴れて全体を見せてくれるように成りました。
夕方には空が少し赤く染まり始めました。
明日はキット晴れだと期待しています。


a0064422_15201769.jpg



こぶしと白木蓮の区別がつきませんが、硬い帽子・コートを脱ぎ捨てて白い花が開き始めました。
一番下の孫がこの様子・・・、「とんがり帽子を脱いで綺麗な白い花を開くの・・・」・・が好きで
この季節になると電話で確かめてきます。

同じ頃土筆を一杯とって袴をはずして下ごしらえして卵とじをしたことがあり、このことも話題にします。

a0064422_18582921.jpg
a0064422_15213272.jpg























a0064422_2024898.jpg



20 日彼岸の中日、工房kら自宅に帰りました。
春野菜をどうにか植えておきたいと思っていたからです。

コブシか・・白木蓮か・・・こんがらかってしまった花が白く綺麗に咲いていました。





















本題があります。
陶芸とは違うもう一つの・・・・
二束の草鞋の一方・・・・
よく言われてしまいます・・・・


どっちつかずになっているんです・・・・・・







_________________

a0064422_21333374.jpg

                         「待春伊唐漁港」  油彩F120

                           ___  クリックして拡大して見てください____毎朝眺めている景色です。
「八代海の島々」は定点観測の景色です。
それに私が絵にしている風景のモーチーフです。
ここに工房を写してから18年も四季折々を描いています。

最初は箱庭のようで弱いぼんやりした景色が特段好みではありませんでした。
18年も眺めていて描きつずけていて、とても変化にとんだ表情を見せてくれることに気付きました。
時には激しく、時にはやさしく、墨絵のようであったりと・・・・。

いまは日々の自分の気持ちを映しているようにさえ思えてきました。



今日はうれしい報告です。
上の画像は今年の第88回白日会展(www.hakujitsu.com/)__国立新美術館・(六本木)__
会期・2012年3月22日~4月2日___に出品しました。
「準会員推挙」に成りました。


一般入選の時期、会友になって 今回準会員に。
長い年月です途中ろいろあって投げ出したくなったりしましたが
自分のことと今日まで続いています。


今はよかったと思っています。
a0064422_13194224.jpg








会期は短いですが六本木あたりの出かける機会がおありの方
「国立新美術館」を覗いてみてください。



下のS形30号の絵、工房に移ってそう経たない頃の絵です。


伊唐島に漁場を持つKさん宅に飾っていただいています。
by kanmyougama | 2012-03-17 21:33 | 作品
<< NO・589 黄砂も確認 NO・587  霞に煙る >>