NO・582  立春

昨日は雪がちらつきここ一番の冷え込みになリました。
手水に氷がはり、外の水道は凍りついていました。
終日氷が解けずにいることは珍しいことです。



今日は立春。
うって変わってよく晴れて気温もぐんぐんあがって午前中で10℃を超えました。

a0064422_14182943.jpg




工房から望む「八代海の島々」__定点観測の伊唐島です。↑
ジャガイモ畑の緑が広がって暖かい島です。
漁港も長閑に見えます。

海を隔てた遠望の島は熊本県の御所の浦島。
クビナガリュウ、アンモナイトの化石の島。






僕はめったに手紙を書きませんが、妻はよく書きます。
妻宛にまめに手紙を下さるご婦人があります。

封書に決まって小さな紙片が入っていることに気付きました。


香りの小さな紙片です。。
a0064422_14395820.jpg



小さな切り紙・・・・



藪ツバキ

白い侘助

蝶の舞う振袖

風船

朝顔

月とススキ

ウサギ・・・・など






季節の風情を切り取って香もうっすらと
紙片を文に添える・・・

きっと清少納言・紫式部・・・頃からの嗜みでは

樋口一葉も

勝手にそんなことを思いました。






         ・・・・器の絵柄にもいいなと思いました・・・。
by kanmyougama | 2012-02-04 14:29 | 思いつくままに・
<< NO・583  紅梅・白梅 NO・581  夕焼け >>