NO・578  出水・荒崎の鶴




画像をクリックしてスクロールしてみてください。大分大きな画像です。


3日本当に久しぶりに鶴の塒を訪ねました。
昨年の鳥インフルエンザのこともあって
鶴と隔離されいる感じを強く持ちました。



まず荒崎干拓の鶴の塒の全景です。
この一望で見渡せる範囲が塒と見ていいと思います。
a0064422_12192487.jpg
訪ねたのがお昼前でしたので大分の鶴たちは近場の田んぼに飛び立っていました。

2枚目。
マナヅルか多く見られる一角です。。
a0064422_1224913.jpg中央を道が通っています。
餌がまかれていますので集まってます。



















3枚目。
ナベズルの多く集まっている一角。マナズルより小ぶりです。
a0064422_12284240.jpg近くに民家が見られます。
1番近い農家です。



















4枚目。
近くの田んぼに出ている鶴たちは
小さな集団で、家族で・番で・、もしくは親離れした鶴・・という感じで
餌を啄ばんでいます。a0064422_1240077.jpg

これは夫婦に2羽の子供。
茶色い頭は子供。


車が一定の距離よりちかずくと警戒して遠のきます。
後ろ向きになっているのがその証拠です。


















5枚目。
マナズルの家族。a0064422_12423418.jpg




















6枚目。
大分離れている塊ですが・・・・・。
a0064422_12451068.jpg距離がありますので安心なのでしょう、デイスプレイも見えます。
長閑な光景です。
今年は何事もなく過ごしてほしいです。

1万羽を越える鶴が集まるので分散も考えて実行したりしているようですが
まだ決め手はないのでしょう。











4日・・・今日はとても冷え込んでいます。
行人岳は薄ら雪景色。
工房も時々霙が降ります。
北九州・日本海側の皆さんは大雪に成りそうですね。





今日はロクロを挽く予定でしたが諦めました。
手がかじかんで仕事に成りません。
by kanmyougama | 2012-01-04 12:24 | 鶴の情報
<< NO・579 シジュウカラ NO・577 新年を迎えて >>