NO・ 492 秋の気配

a0064422_21204448.jpg

蝉時雨のなかです。
朝から水銀柱がどんどんあがって厳しい暑さになってきました。。
こんな日にガス窯とはいえ窯焚きをするのは尋常なことではありません。

汗だくになって外に出てきました。





__「秋風が吹き始め、木々の紅葉も見られるようになってバカンスを終えて巴里へ・・・。」
__
こんな便りも届くこのごろです、

_東北、関東のメールの山野草はもう秋の花。



さてここではどんな秋は感じられるのか拾ってみました。
工房周辺で拾ってみました。




a0064422_21223630.jpg    
ハクサンボクの実が赤く色づきはじめています。
ガマズミと間違えるほどよく似ています。
実の付く枝振りが面白い。

ジネンジョ・・(ヤマイモ)の花。
今年はジネンジョの蔓がかねてより多く感じます。
花が枯れ始めるとムカゴが付き始めます。
ムカゴ狩も楽しみ。
酒の肴に最高です。














        a0064422_21262234.jpg

タカサゴユリが開く寸前
これまでは裏庭にありましただ昨年あたりから
前庭に広がってきました。



















a0064422_10422157.jpg

サクラの葉が紅葉して散りまじめました。
寒い地方では紅葉して長く葉がついていますが、
ここでは紅葉してどんどん散ります。
裸になるのは1番早い樹木です。












もう一つありました。
ムラサキシキブもしくはコムラサキシキブ
花が実になり
ボツボツ色付きはじめました。







また工房に帰ります。
by kanmyougama | 2011-08-18 21:23 | 思いつくままに・
<< NO・493 鹿児島空港ギャラ... NO・491 84歳でがんばっ... >>