NO・472  工房のこと・・いろいろ

工房のこといろいろ

いつかも書いたのですが
大きく広い工房の管理大変です。
自然の成り行きに任せてあるといった部分があります。a0064422_21334785.jpg  






















         a0064422_21342576.jpg








その一つ
風が運んだり小鳥が餌として食べて排泄した種子が
十年の歳月を経てこんな感じに・・・・

工房のスロープはハクサンボク・エノキ・アカメカシ・ムベ・自然蔗で覆われてきました。

このありのままの雰囲気が好きです。






この工房での作陶生活17年目にまりした。
代わり映えのしない景色を掲載してきましたが、17年、日々一日として
同じ感じの一日はなかったと思います。
a0064422_21484781.jpg

箱庭みたいな《八代海の島々》好きではなかったが、
時にはやさしく時には厳しい表情を見せてくれて、今では
この景色を眺めることで一日が日々違った思いで始まリ大好きに成りました。。





a0064422_21522499.jpg
工房の前の公園では町を上げての「花フエスタ」。
《夢追い長島花フエスタ・・・≫なんだか演歌みたいですが・・・・・ 
新幹線鹿児島開通記念・・・・・・
加えて日本震災復興を祈念しての取り組み。


沢山の方が町を一周して
工房へも。

a0064422_21552667.jpg





鹿児島県陶芸展・薩長陶芸作家展IN 鹿児島展も進んでいます。
明日は当番で会場にいます。


_____________











仕事のほうもやっています。
先だって掲載した4つの壷の最後の素焼きもできました。
a0064422_2221328.jpg





数年途絶えていた「西部伝統工芸展」
入選だったと書きました。


108回目になる「九州山口陶磁展」にも
出展しました。

100会展101会展・記念特別賞を頂いた大事な展覧会です。
a0064422_2219325.jpg


「抜絵釉彩草文大皿」入選できました。









by kanmyougama | 2011-04-21 21:39 | 思いつくままに・
<< NO・473 現代陶芸薩長展 NO・471  作品展いろいろ >>