NO・470 ムベの花・ハクサンボクの花

a0064422_12464097.jpg



ムベの花が咲きました。
器の絵柄のモチーフに好きな花の一つです。
表現するのに葉の形と花の形のバランスがとりにくいですが・・・面白い取り合わせ。

ムベ(郁子、野木瓜、学名:Stauntonia hexaphylla)は、アケビ科ムベ属
常緑つる性木本植物。
別名、トキワアケビ(常磐通草)。
方言名はグベ(長崎県諫早地方)、フユビ(島根県隠岐郡)など。

...ここではンべ。
・・・ンで始まるのははめったにない・・・。


a0064422_1248080.jpg


ハクサンボクの花白山木(ハクサンボク)はスイカズラ科ガマズミ属の常緑小高木。
日本原産である。
学名:Viburnum japonicum

愛知県太平洋岸、伊豆諸島、山口県、九州、沖縄などに分布し、山野や海岸に生える。
樹高は2メートルから6メートルくらいになる。
葉は幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面には艶があり、浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から5月である。
枝先にいくつも集まって小さな白い花をつける。
実は楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋になると真っ赤に熟する。

実の付き具合い(様子)が絵柄のモチーフにリズム感があっていい。

実の形だけ見るとガマズミの実にそっくり。








器つくりが仕事なのですが、作品つくりは試行錯誤が続きます、
てじかにあった作品で・・・・・・
ムベの花のイメージから・・・、



a0064422_2123846.jpg























タイサンボクの実・・・
a0064422_21221897.jpg


実の付き具合が面白い。






















a0064422_2142544.jpg作品として
by kanmyougama | 2011-04-12 12:49 | 思いつくままに・
<< NO・471  作品展いろいろ NO・469 朝焼け >>