NO・429 3回目の月下美人





「八代海の島々」の定点の朝の景色を出してきたが、今日は赤々と西の山の端に沈む夕陽にした。
a0064422_22214661.jpg




23日秋分の日の夜、今年3回目の月下美人が咲いた。
3輪も。
a0064422_21414226.jpg 




















           a0064422_21423712.jpg








咲いたそのつど掲載してきたのでもう何回目になるだろうか。
手入れも行き届かないのによく咲く。











月下美人は一夜の雌蕊雄蕊かな      加藤楸邨
月下美人夜の向こうに海の音         佐藤和夫



以前nonacafeさんが「この花を焼酎につけて」あるのをいきつけの居酒屋で見た_____とあって試みたが、台湾では花をスープにするか、サッと湯通しして酢醤油で頂いても粘りがあって珍味____________
というのもあった。






今日は窯出し。
秋風は吹き始める気圧配置になって
<鉄絵銅彩>の発色がいいように感じた。
a0064422_2232076.jpg
a0064422_2235046.jpg























鉄絵銅彩の味わいを
僕の場合 
一つに釉薬(織部・辰砂)によって表現するものと、
銅顔料と透明釉の按配で表現する方法で求めている。

思うような発色は難しい
古典的な技法。
by kanmyougama | 2010-09-24 21:43 | 思いつくままに・
<< NO・430 はやくも10月に NO・428 秋の気配 >>