NO・410   409に続いて・・・・・「練り上げの仕事」・・2


「練り上げの仕事」・・・2

No. 409に続く。

細いたて1.5cm高さ2cmの棒から「網代」のパーツを作ります。
僕の頭の中では個のパーツを組んで、仕上がり60cm大の大皿を作ろうと思っています。



網代は正方形を単位に組むもの・矩形を組むもの、ひし形を組むもの・・・・・選択肢は沢山あります。
僕は《ひし形》に切って組みます。
菱形が・・・ここ数年の課題です。


a0064422_21535529.jpg


上の↑網代作品は東京国立博物館の収蔵品。
「矩形のパーツ」を組んでできた小鉢。
中国北宋の磁州窯のもの。


僕の「練り上げの制作のルーツ」になる作品。


a0064422_21553640.jpg



今回は、《菱形》を組みます。
a0064422_21564253.jpg




 ↑  並べて丸い円盤に組みます。
まだバラバラに見えますが、叩いてしっかり密着しますと文様が出ます。
どんな組み方をするかで、いろんな文様に発展します。


a0064422_21574229.jpg


僕が「結い文・・・」 と銘名したのは藍の文様が・・・・「結び文」になっていることからです。




上の↑の文様は青い棒とピンクの棒の二種の組み合わせですが、
3種になるともっと複雑のできます。





平たい円盤ですが・・・・
僕は大皿にしたい。




どんな器にするかで・・・・さらに展開が広がります。










________________________________________________
by kanmyougama | 2010-06-01 21:57 | わたしの仕事
<< NO.411 ゴルフコンペ NO・409 久しぶりに作陶のこと >>